スキンケアとチークで大人の肌悩みを目立たせない!そのコツは?

スキンケアとチークで大人の肌悩みを目立たせない!そのコツは?

年齢を重ねるにつれて気になるシミやくすみ…。ファンデーションを厚塗りすると顔だけ浮いてしまい、薄付きすぎると肌悩みをうまくカバーしきれませんよね。そこでスキンケアとチークで肌悩みを目立たなくさせてみませんか?

スキンケア・チークでシミやくすみ、色ムラなどをふんわりカモフラージュ!

年齢と共に悩みが増えてくるシミ、くすみ、肌の色ムラ…。カバー力のあるファンデーションを何度も重ね塗りしてしまうと、厚塗り感が出たり乾燥して崩れやすくなってしまいますよね。

シミやくすみはスキンケアをした翌日に消えている、ということはありませんが、毎日の美白ケアとチークをポイントに置いたメイクをすることでふんわりカモフラージュさせることができるのです。

肌悩みをカモフラージュさせるスキンケアとチークの使い方

まず、シミやくすみを徐々に改善していくには、保湿ケアと美白ケアの両立が必要です。美白ケアだけ念入りに行なっていても肌が乾燥した状態だとターンオーバーが乱れ、ごわごわしたキメの荒い肌になってしまうため、朝は保湿ケアを中心に、夜は美白ケアを中心に行うといいでしょう。シミが気になる部分には、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれた部分美容液を使ったり、美白シートマスクを取り入れたりすることをおすすめします。

そして、くすみや肌の色ムラを緩和するためには、くすみを飛ばすピンク色のチークを使ってメイクをしていきましょう。ピンク色とはいっても、自分の肌色に合ったピンク色のチークを選ぶことが重要です。ブルーベースの方は青みが強いラベンダー系やサクラ色のピンク、イエローベースの方はピーチ系やコーラル系のピンクがおすすめです。

気になるシミが頬にある場合は、シミの上からチークを重ねると目立ってしまうため、チークをのせる前にコントロールカラーやコンシーラーを軽く叩き込んで色を補正しておきましょう。チークの入れ方は、斜めにカットされた柔らかいブラシを使い、頬の高い位置から斜めに向かって細長く入れていきます。仕上げにチークの上部分にパール入りのハイライトを重ねることで、色ムラやくすみがかき消されて健康的な肌に見えたり、リフトアップして見えるとも言われていますよ。

スキンケアとチークで健康的な若々しい肌に!

無理にファンデーションを重ね塗りするのではなく、チークの選び方や色の入れ方、ハイライトやコントロールカラーをうまく活用して肌悩みをカモフラージュしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事