乾燥を防ぐボディケアは必須!お風呂上りのおすすめオイルをご紹介

乾燥を防ぐボディケアは必須!お風呂上りのおすすめオイルをご紹介

お風呂上りに顔をそのまま無防備な状態にする人は少ないと思います。水分が失われ乾燥を招いてつっぱったり、カサカサになったり。これは体も同様で、ボディケアをする、しないでは大違い。そんな乾燥予防におすすめのボディケアオイルをご紹介します。

【乾燥対策にオイル】お風呂上りにオイルが効果的な理由

お風呂上りに放っておくと水分はどんどん蒸発して、体も乾燥していきます。特にヒジやヒザ、かかと、さらにスネなども乾燥しやすい部分なのでオイルでしっかりケアしたいところです。

オイルの効果はやはりその高い保湿効果にありますが、オイルは油のため水を弾くことから、塗ったあとに外部から水分を補うことはできなくなります。そのためオイルを塗る順番には注意が必要です。

お風呂上りに化粧水などで先に肌に水分を与えてからオイルを塗るのが正しい順番と考えられています。

肌の表面には油膜があり、肌の角質層にある水分の蒸発を防いでくれるのですが、オイルはこの油膜の働きを助ける効果があるので、肌が水分が保ちやすくなります。

【乾燥対策にオイル】おすすめのオイルは?

オイルなら何でもいいというわけではなく、やはり肌質や効果によって選んでいきたいところです。

比較的どんな肌質にも合うのは「ホホバオイル」です。ニキビや皮膚炎の解消にも効果があるといわれていて、使い心地はさらっとしていて、すっと肌に馴染むのでベタつき感がありません。

できるだけ天然のものを使いたいですが、100%天然のホホバオイルは黄金色なので色味も見て選ぶとよいでしょう。またオイルは酸化しやすい性質がありますが、ホホバオイルは比較的酸化しにくいので、保管もしやすいオイルです。

ほかにも「椿オイル」もおすすめです。美しい髪の毛を保つのに効果があるのは周知の通りですが、実はお肌にもとてもいいといわれています。ほとんど匂いがないので使いやすく、肌に馴染みやすいオイルで塗った後は肌がしっとりしてサラサラになります。

もうひとつおすすめなのが、お肌の老化防止に効果的な人間の肌に近い「マカダミアナッツオイル」。バルミトレイン酸という肌に含まれる成分がマカダミアナッツオイルには含まれているので、肌の修復を助ける働きが期待できます。

肌はお風呂上りの一手間がとても重要です。オイルでしっかりボディケアして、乾燥を防ぎましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事