意外と知らない? 魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い

意外と知らない? 魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い

高いデトックス効果に期待できることで有名な白湯。しかし、「ヤカンでお湯を沸かして飲めばOK!」と考えている方が多いのではないでしょうか?実は、白湯を作る際には大事なコツ・ポイントがあるのでご紹介します!

白湯とお湯の違いとは?

白湯とお湯は同じものと捉えている方もいることでしょう。白湯の正しい作り方を説明する前に両者の違いを正しくチェックしていきたいと思います。

<白湯とお湯の違いは?>
お湯とは、水と熱の要素を含んだ「熱い水」のことを指す一方、白湯はやかんの蓋をとってブクブクと沸かすことで水・熱に「空(くう)」の要素が含まり、この空によって身体に溜め込んでいた未消化物を綺麗に洗い流してくれると言われています。普通のお湯でも多少は未消化物を流し去ることができますが、正しい要領で作った白湯であれば劇的に洗い流し、美容効果を更に高めてくれるそうです。

【POINT】
白湯の一日の摂取量目安は700〜800mlと言われています。たくさん飲みすぎてしまうと身体のバランスが崩れたり、消化不良を起こすなど、かえって悪い影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。飲み方としてはコップ1杯くらいを少しずつ、分けて飲むのが基本。食事やおやつタイム、朝起きた時など少しずつ飲む習慣をつけるようにしましょう。

白湯の正しい作り方について

白湯の正しい作り方について説明していきたいと思います。使用する水は、できれば浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターなど綺麗なものを選ぶと尚いいでしょう。

<白湯の正しい作り方>
1.水をやかんに移し、蓋をして沸かしていきます。
2.沸騰してきたら蓋を外し、10〜15分間を目安に沸かします。
3.保温ポットなどに入れていつでも持ち歩けるようにしましょう。

【POINT】
あまり勢いよく沸かしすぎると水の量が減ってしまうので、様子を見ながら少しずつ火加減を調整することをおすすめします。お湯の表面が少し揺らぐ位の状態をキープするのがポイントです。

白湯の適度な温度は50〜60度くらいですが、一番効果がある飲み頃は自分自身にとって快適に感じられる温度だそう。毎日白湯を作る際、「おいしい」と感じられる感覚を頼りにベストな温度を見つけていくといいでしょう。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事