続ければ体が活性化する?よもぎ足湯のやり方・期待できる効果

続ければ体が活性化する?よもぎ足湯のやり方・期待できる効果

山や道端でよく見かける野草「よもぎ」。日本では昔からよもぎを使ってお団子を作ったり、湿布として使うなど食用・薬用として大切にされてきました。なかでもおすすめなのが「よもぎ足湯」。続ける毎に体が活性化し、お肌の調子も良くなると言われています。

よもぎにはどんな成分が含まれているの?期待できる効果について

よもぎには一体どのような効果に期待できるのでしょうか?主な成分についてチェックしていきたいと思います。

【シオネール】アロマオイルにも含まれる芳香成分の一種で抗菌作用やホルモンバランスを整える効果が期待できます。

【クロロフィル】葉緑体に含まれる緑色の色素のことで、デトックス効果や貧血予防・美肌に良いと言われています。

【タンニン】コーヒーにも豊富な渋み成分。強力な抗酸化作用によって老化予防や脂肪分解など役立つそうです。

【ビタミン】疲労回復効果に期待できるビタミンB1をはじめ、皮膚や粘膜を保護し健康的な肌質へ改善するビタミンA、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCなどの成分が豊富に含まれています。

また、これらの成分は食事からだけでなく、足湯に浸かることで肌からも体内に取り込むことができると言われています。

よもぎ足湯の正しいやり方

地域によって差がありますが、自分で収穫する場合大体3〜5月が目安と言われています。長期間保存できるよう重曹もしくは木灰と一緒に茹で、カラカラになるまで陰干ししましょう。

<よもぎ足湯の正しいやり方>
【準備する物】
・干しよもぎ
・塩
・生姜汁
・ごま油
・お湯

【やり方】
1.鍋に水をたっぷり入れ、干しよもぎを投入したら20分程弱火でコトコト煮出していきます。
2.深めのバケツを用意し、1の煮出した茶色のエキス・適量の塩・生姜汁・ごま油を入れて足が入れられるくらいの温度になるまで冷めたら25分間足湯に浸かりましょう。

<POINT>
お湯の温度はどんどん冷めていくので、冷めてきたら火傷しないよう注意しながら温かいお湯を継ぎ足すようにしましょう。

足湯をした後はリンパマッサージをしてあげるとより高い美容・健康効果に期待できます。是非この機会にあなたも自然界からのプレゼント、よもぎを使って足湯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事