【星野リゾート特集】ファンタジックな冬のトマム、白銀のビューティ旅

【星野リゾート特集】ファンタジックな冬のトマム、白銀のビューティ旅

北海道最大級のスノーリゾート「星野リゾート トマム」に、スノボやスキーをしない人でも冬山を満喫できる、新しい女子旅「雪ガールステイプラン」が登場。見渡すかぎりの白銀の絶景に抱かれ、リフレッシュしてキレイになれる2泊3日の宿泊プランを体験しました。
“ロマンチックな雪氷の旅「星野リゾート リゾナーレ

「星野リゾート リゾナーレトマム」ロマンチックな雪氷の旅へ

実はこの冬、星野リゾートから“あえて滑らない冬山滞在”なる斬新なコンセプトの宿泊プランが登場しました。その名も「雪ガールステイプラン」。

冬山なんて想像するだけで寒い寒い寒ーい! というイメージしかなかった私ですが、行ってみると遭遇したのは奇跡のような光景の数々。冬に、惚れなおしました。知らなかった…こんなに楽しい季節だったなんて!

さあ、行きましょう。常識がふきとぶ氷点下のロマンチックな雪氷の旅へ!
青空が美しい白銀のトマムへようこそ!
吸い込まれそうな青空が広がるココは、最低気温が氷点下30℃になることもある極寒エリア・トマム。世界的にも知られる、夢のようなパウダースノーが降り積もる場所です。

写真の右側に見える4つのタワーが「星野リゾート トマム」のホテル群。右端の2塔が今夜の宿「リゾナーレトマム」です。

「星野リゾート リゾナーレトマム」氷点下の世界で過ごす3日間

15:00「リゾナーレトマム」にチェックイン!
「リゾナーレトマム」の客室は、全室がスイートルーム。ベッドの向こうには、雪がちらつく窓の外を見ながら浸かれるジェットバスがあります。
雪景色を見ながら入浴できるリッチなお風呂
浴槽のそばには、寒さ厳しい冬を越すたくましい「越冬ハーブ」が置かれていました。

ハーブの種類は、ローズピンク、ローレル、ローズマリー。調べてみると、ハーバルバスは冷え性にも効果的だそうですよ! このお風呂があれば、外を思いっきり楽しめそう。
防寒装備を一式レンタルできる!「雪ガールグッズ」
冬の荷造りは衣類がかさばりますが、このプランでは帽子、アウター、手袋、ネックウォーマー、スノーシューズといったあらゆる防寒装備がレンタルできるから、持っていく必要はなし。小さなトランクひとつでふらっと旅立てるのが楽チンです。

しかも、さすがは専用ウェア、軽くて暖かくて動きやすいのです。全身に着込むと子どもの頃に戻った気分。さあ、白銀の世界を堪能しに行きましょう!

冬にだけ現れる「星野リゾート トマム」の幻想的な氷の街へ

17:00 白銀の夜のイリュージョン「アイスヴィレッジ」を訪ねて
うーっ! やっぱり日が暮れると寒い寒い!! 笑ってると歯が痛い。でも、あまりの美しさに思わず見とれてしまいました。ここは毎年、夜にのみオープンする「アイスヴィレッジ」。滑らかなスケートリンクの向こうにドーム型の光のテントが連なる、トマムの冬の風物詩です。

初めて飛び込む氷の世界は「夢じゃないかしら!?」と目をみはるような神秘的なものがいっぱい。いくつかご紹介しましょう。
脳が大混乱! 雪と氷の不思議なカフェへ
まず訪れたいのが、この「氷のスイーツカフェ」。きらめくアイスブルーの店内に、氷や雪をテーマにしたお菓子や雑貨が並びます。

なかでも必食は「ホワイトショコラアイスバー」。湯気をあげるホットチョコレートにイチゴバーを浸けて持ち上げると…
一瞬でパリパリに! 大急ぎでトッピング
ちなみに、氷のグラスでいただくミルクは、どんなに冷たいのかと思いきや「んー!?」飲んだ感じは常温…いや、むしろ暖かい? そんなバカな!

まわりの気温がとんでもなく低いせいで、キンキンに冷えた飲み物も暖かく感じるんだそうですよ。まさに氷点下の世界ならでは。訪れた際はぜひお試しを。
氷のBARで雪降る森を見ながら一杯
アイスブルーのバーカウンターやセラーに目を奪われるのがここ、「バーアイスウッド」。ジンジャエールが、注ぐそばからシャリシャリと凍っていきます…ああ、なんて奇妙な世界。

でも、お酒類は大丈夫。ウィスキーはマイナス20°でも凍らないそうですよ。

氷のグラスに注がれたオリジナルカクテルはとってもフルーティ。飲んだ瞬間、カッと喉が焼けるよう。冷たいのに熱いから「???」と脳が大混乱。ビバ、非日常♪

ほかにも「雪氷のアトリエ」「氷の教会」など、さまざまなスポットがあります。が、なかでも特に衝撃的なのは…
雪の女王が泊まりにきそうな「氷のホテル」!
なんとこのホテル、天井や壁、インテリアに至るまで、すべてが輝く氷でできているのです。マイナス20°の野外にある “氷の露天風呂”や、リラクシングチェアやウイスキーセラーが氷でできた“氷の湯上がり処”も…ああっ、考えるだけで寒い!

でも、お風呂はもちろんアツアツで、湯上がり処もとびきり温かいフカフカパジャマが用意されているなど、寒さ対策は万全。他じゃ味わえない、忘れられない体験ができそうですね。

「星野リゾート リゾナーレ トマム」雪のディナー

たくさん遊んだ後はレストランへ向かいましょう。「雪ガールステイプラン」だけの特別なコース料理「雪ディナー」が待っています。
18:00 テーブルの上で冬が深まる「雪ディナー」
「冬の訪れ〜パイ包みのスープ〜」「初雪積もる野菜の一皿」「雪降るパスタ」など、名前も可愛いお料理は、だんだん雪深くなるトマムの冬景色そのものです。
おいしい”雪”が次々と姿を変えて登場!
パスタにふりかけるチーズはまるで粉雪。そして、お肉にかぶさる白い泡のソースは、さながら淡雪。キュンとするような遊び心のオンパレードです。

もちろん、生姜が効いたスープや色とりどりの野菜など、冷えた体を癒すお料理に、心も体もポカポカになります。

「星野リゾート リゾナーレトマム」のハーブ風呂

客室に戻ったあとは、冷えた体を温める「越冬ハーブ」のお風呂を作ってみました! ローズピンク、ローレル、ローズマリーの3種類をパックに入れて、お湯に浮かべると…
21:00 ゆったり気持ちいい「ハーバルバス」が完成!
数分でお湯に色がついて、フワッとボタニカルな癒しの香り! 薬草のパワーをいただきながら生きる現代の魔女になった気分。

なにげないことだけれど、こういうトキメキこそキレイの源! 体がスッキリとして、明日の朝が楽しみになります。

ちなみに、調べてみるとこのハーバルバスは自宅でも入浴可能。パックに入れたドライハーブを鍋でよく煮て、煮汁をお風呂に入れる人もいるみたいですよ。気持ちいいから、ぜひ試してみて!
【「雪ガールステイ」1日目のスケジュール例】
15:00 チェックイン
17:00 アイスヴィレッジ
18:00 雪ディナー
21:00 ハーブバス
【次回予告】標高1000m超の山の頂には、寒さ厳しい大地が生みだす神秘的な「霧氷」の絶景が広がっていました! あえて滑らない冬山ステイの楽しみ、まだまだ続きます。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
「星野リゾート トマム」情報
■星野リゾート トマム
北海道の中心に位置する滞在型スノーリゾート。「ザ・タワー」「リゾナーレトマム」を中心に、全29コースのスキー場を有する。「アイスヴィレッジ」「ミナミナビーチ」などゲレンデ以外の滞在も充実。
■星野リゾート トマム 公式サイト
https://www.snowtomamu.jp/
お問い合わせ
:0167-58-1111

■「雪ガールステイ」プラン情報(2018年3月26日チェックアウトまで)
定員:1日1組限定(1組は4名まで・最少催行人数3名) 料金:4名1室利用時1名56,400円〜(税・サ込) (2泊分の朝食、雪ガールグッズのレンタル利用(アウター、手袋、帽子、ネックウォーマー、スノーブーツ、電子カイロ、雪めがね)、1泊目の雪ディナー、雪ガールスパトリートメント付き)

もっと知りたい!「星野リゾート トマム」の旅

関連記事