乾燥肌とは思わせない!ツヤツヤ肌になれるベースメイク方法

乾燥肌とは思わせない!ツヤツヤ肌になれるベースメイク方法

ファンデーションが綺麗に乗らない、目や口の周りの粉吹きが目立つ…などとベースメイクに対する悩みが多い乾燥肌。そこで時間が経っても乾燥せずになめらかな潤い肌をキープするためのスキンケア・ベースメイク方法をご紹介していきます。

ツヤ肌になりたいけれど…乾燥肌にはベースメイクの悩みがつきもの

肌が常にカサカサしている乾燥肌さんは、ファンデーションをつけても毛穴が目立ったり、目や口の周りがカサついたり、時間が経つと粉を吹いてしまったり…とベースメイクに対する悩みが多いのではないでしょうか?

時間が経っても乾燥させないベースメイクをするには、メイク前の丁寧な保湿ケアとファンデーションの選び方、ベースメイクの塗り方がポイントです。乾燥肌とは思わせない、みずみずしくヨレにくいツヤ肌づくりをしていきましょう!

スキンケア・ファンデの選び方・塗り方で乾燥肌からツヤ肌へ

乾燥肌は、ベースメイクに取り掛かる前に水分と油分をバランス良く補うスキンケアが欠かせません。とりあえずクリームや乳液で油分を与えておけばいいというわけではなく、化粧水で角質層を潤いで満たしてから油分を補うことが重要です。また、ファンデーションは油分や保湿成分が多く含まれたクリームファンデーションやリキッドファンデーション、BBクリームがベスト。パウダーファンデーションやマット肌に仕上がるファンデーションを使うと乾燥が目立ってしまうため避けた方がいいでしょう。

スキンケアをして肌を整えたら、次に重要なのが化粧下地。化粧下地を塗ることでファンデーションとの密着度を高めて崩れにくい肌にしてくれます。乾燥肌の場合は、潤いを与えてくれる化粧下地やセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が豊富に含まれた化粧下地を選ぶことをおすすめします。肌全体に化粧下地を均等に伸ばしたら、軽くスポンジで肌をならしておきましょう。

ファンデーションを一度にさっと塗ろうとすると乾燥した部分がヨレやすく、綺麗に仕上がりません。面倒なようでも手の甲にファンデーションを取って指でなめらかな状態にしてからおでこ、顎、頬、鼻などピンポイントに乗せていき、内側から外側に向かって優しく伸ばしていきましょう。指で伸ばしたら、清潔なスポンジを使って肌に叩き込んでいくと密着度が増して粉吹きしにくい肌に近づけます。そのまま首に向かってスポンジでぼかしていくと顔と首との境目が目立たなくなりますよ。

日中は乾燥を防ぐためにもスプレータイプの化粧水を顔に振りかけてハンドプレスをして保湿することを習慣付けるといいですね。メイク直しをするときにもスプレータイプの化粧水をシュッと振りかけてティッシュで軽く抑えてから、保湿力の高いリキッドファンデーションなどを薄く伸ばしてスポンジで馴染ませればフレッシュな状態に元通り。なるべく室内の湿度にも着目して乾燥させない肌づくりをしていきましょう。

乾燥しにくいベースメイクで粉吹きしないツヤ肌に

せっかく丁寧にベースメイクをしても、乾燥により粉を吹いてしまうとウンザリしてしまいますよね。乾燥肌の方のベースメイクポイントは、水分と油分をバランスよく補うスキンケアと、保湿効果の高い化粧下地、油分が多いファンデーションを使った塗り方です。自分の肌と向き合いつつ、乾燥肌に見せないツヤ肌ベースメイクをしてみてはいかがでしょうか。


 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事