手荒れが治らない人必見。手荒れの原因や正しいケアの方法を確認!

手荒れが治らない人必見。手荒れの原因や正しいケアの方法を確認!

あかぎれやひびなどの手荒れ症状。原因は乾燥のほか洗剤や摩擦などの刺激で、基本の対策は保湿です。オロナインやワセリンは効果的?この水疱は一体?ハンドクリームの塗り方や日常生活の工夫による予防&改善、皮膚科での治療まで、手荒れの悩みを一挙解決!

手荒れの原因は?

手の甲や指先、指の付け根などの荒れに悩んでいませんか?特に秋冬はガサガサしたり白く粉を吹いたり、切れて血がにじんだり…という人も多いのでは?

手荒れの原因とは一体なんなのでしょうか。そしてどんな対策をとればいいのでしょうか。

手荒れの原因は乾燥だけ?

手荒れの原因としてまず思い浮かぶのは、乾燥ですよね。気温も湿度も下がる寒い季節は、特にお肌が乾燥しがち。肌の水分が失われやすく、皮脂の分泌も減るのでバリア機能が低下してしまいます。もともと手には皮脂腺が少なく、手のひらには全くありません。

バリア機能が低下すると刺激を受けやすい状態になるため、水仕事や手をよく使う…といった日常的な刺激に対しても敏感になり、手荒れにつながります。手はボディと違って衣服に包まれていないですし、一日中よく使うパーツなので、荒れやすい部分といえます。

そのほか、アトピーやアレルギーなどの体質や食べ物による肌トラブルなど、内側からの原因も考えられます。

痛い手荒れの原因と対策は?

手荒れは、進行していくとかゆみや痛みも現れます。

指先がカサつく

手全体がカサつき、皮がむける

手がごわつき始め、部分的にひび割れができる

赤みができ、かゆみが生まれる

ひび割れから出血して痛みを感じる

重症になると痛みや水ぶくれから指が曲げにくくなってしまうことも。

荒れてしまう原因としては、前述したように乾燥によって刺激を受けやすくなっていることが大きいので、早めに対策をして重症化を防ぎましょう。

・こまめな保湿ケアで乾燥から皮膚を守る
・なるべく外部刺激にさらされる機会を減らす
・寒い季節の外出時は手袋を着用する

などを心がけて。

洗剤も手荒れの原因に!

食器洗い用の洗剤は、手荒れの原因のひとつ。油汚れを落とすための洗浄成分が、皮膚の油分までも奪ってしまうことがあります。またスッキリ洗うために熱いお湯を使う人も多いと思いますが、油汚れが落ちやすいということは手の油分も失われやすいということなのです。

毎日のことですから、洗剤は肌に優しい天然由来の成分を使ったものをチョイスしましょう。着色料や香料などが無添加のものもオススメ。

手荒れでプツプツの水疱が!これが手湿疹?

カサつきやひび割れだけではなく、プツプツと水ぶくれが現れることも。この水ぶくれの正体はなんでしょうか?

指の間に水疱(みずぶくれ)ができる「手湿疹」とは?

手に水疱ができてしまった場合、まず疑われるのは手湿疹。医学的には「進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)」といい、最近では水仕事をよくする女性にできやすいことから「主婦湿疹」と呼ばれることもあります。赤みやびらんなどを伴うことがあり、かゆみや痛みが伴う場合もあるそうです。

単なる手荒れとの違いとしては、症状が現れる範囲が挙げられます。部分的にひびやあかぎれなどができる手荒れに対して、手湿疹の場合は手や指全体に現れるそうです。

また、バリア機能が低下して日常の外部刺激を受けやすい乾燥肌さんやアトピー体質の人などは、手湿疹になりやすいとのこと。

かゆい水疱ができたらどうする?対策をチェック

手湿疹以外にも、汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のように手に水疱が現れる疾患があります。これらは乾燥や外部刺激だけでなくアレルギーや免疫などに原因があると考えられるので、乾燥対策だけでは改善は難しいのだとか。手湿疹との見分けもつきにくいので、自己判断せず皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

かゆいとついついかきむしってしまいますが、かいたり潰したりすると症状は悪化することも…。できるだけ触れたりしないように注意したほうがよさそうです。

手湿疹ができやすいのはどんな人?治し方は?

手湿疹とは、乾燥や水仕事などで油分が失われた皮膚のバリア機能が低下することによって「接触皮膚炎」つまりかぶれが起き、湿疹が生じたものだそうです。

日頃から手を保湿剤で保護したり、洗いすぎに注意することはもちろん、かぶれの原因となる洗剤やシャンプーなどの刺激を避けることで予防・対策になるのだとか。

皮膚科においての治療としては、こまめな保湿剤の使用と、ステロイドの塗り薬で炎症を抑える方法が主流です。塗り方や用量、使用する期間などは医師の指示に従い、勝手に中止したり必要以上に塗りすぎたりしないようにしましょう。

手荒れにはハンドクリームで、本当にいいの?

手荒れ対策として身近なのはハンドクリームを塗ることですよね。でもどんなハンドクリームを、どのように使うのが効果的なのでしょうか?

自分の手に合ったハンドクリームを見つけよう

ドラッグストアにずらりと並ぶハンドクリーム。どれがいいのかわからなくてなんとなくパケ買いしてしまいがちですが、ハンドクリーム選びはとても大切です。なぜなら合成界面活性剤や防腐剤などのせいで、逆に手荒れが悪化してしまったりすることもあるからです。

なるべく余計なものの入っていない天然成分のものを選ぶようにしましょう。敏感肌の人は特に注意して。

また、手荒れの症状によって合うハンドクリームは異なります。ハンドクリームの代表的な有効成分タイプは大きく分けて以下の4つとされるのが一般的です。

■保湿系
・ヒアルロン酸
・シアバター
・セラミド
・グリセリン
などの保湿成分を配合して、手に水分と油分を補給するタイプ。予防や軽い手荒れにオススメです。

■ヘパリン類似物質
体内にある「ヘパリン」という物質に似た「ヘパリン類似物質」を含むもの。保湿のほか血行促進や抗炎症の働きもあります。カサつきやかゆみが気になる手荒れに。

■ビタミン系
ビタミンC・ビタミンEなどが配合されたハンドクリームには、末梢血管の血行を促進させる働きが期待できます。指先の冷えが気になる人にもオススメ。またビタミンは肌を美しく整える有効成分なので、ひびやあかぎれのできた手を美しく見せる効果もあるのだとか。

■尿素系
尿素には、肌の保水力を高めて、硬くなった角質をやわらかくする効果があるようです。ごわつく肌をやわらかくなめらかに整えてくれますが、ひびやあかぎれなどに入り込むと、しみて痛みを感じるので傷口は避けて。

また、尿素系ハンドクリームは長期間使うと薄い角質層がさらに薄くなることがあるので、状態が良くなれば保湿系に切り替えるようにしましょう。

ハンドクリームの適切な塗り方は?

ハンドクリームの正しい使用量や塗り方についても知っておきましょう。

〈適切な量は?〉
クリームの量が少なすぎると、皮膚と皮膚の間に摩擦が生まれて肌を傷つけてしまいます。人差し指の第一関節が隠れるくらいの量を目安に手に取りましょう。手荒れがひどいようであれば、もう少し多めにたっぷりと。

〈効果的な塗り方は?〉
1.できればお風呂上がりなどは手にも化粧水をつけておきましょう。
2.手のひらに伸ばして、両手を合わせてクリームをあたためてから塗ります。こうすることで伸びや肌馴染みがよくなり浸透力もアップ。手自体もあたたかいほうがベストです。
3.クリームを手全体に伸ばして、手の甲と手のひらに塗り込みます。
4.指先や爪の周り、シワのすき間まで塗るようにすり込んでいきます。マッサージするようにやると血行も良くなって○。
5.指の付け根から指先に向けて軽く引っ張るように塗り込んだり、指先を爪の両側から押すようにするとさらに血行アップ。
6.両手を組むようにして指と指の間にもクリームをしっかり塗り込みましょう。

〈いつ塗ればいい?〉
塗るタイミングとしては、「手を洗うたびに」が理想。水を使うと皮脂が失われるので、その都度塗り直すといいでしょう。手荒れや乾燥を感じているなら、気付いたときにいつでも塗るようにします。

そして、寝る前にもたっぷり塗った夜の集中ケアがオススメ。

手荒れに手袋は逆効果?

手を保護するために、手袋を使う人も多いのでは。手荒れ対策グッズとしての専用手袋も市販されていますが、これらは効果的なのでしょうか?

ナイト手袋は効果なしって本当?

「夜寝るときに、はめるだけで手荒れを改善!」という手軽さで人気のナイト手袋。メリットもありますが、気をつけたい注意点もあります。それぞれ見ていきましょう。

〈メリット〉
・寝ている間にケアできるので楽チン
・クリームをたっぷり塗ってもベタつかない
・シーツなどの寝具を汚さない
・保湿効果が期待できる
・寒さや摩擦から保護できる

〈デメリット〉
・手からの放熱がうまくできず体温調節がしづらい
・手がふやけてしまい外部刺激を受けやすくなる

デメリットをカバーするためには、綿やシルクの素材を選ぶようにしましょう。綿は丈夫で吸湿性に優れていて、リーズナブル。そしてシルクは保湿性・吸湿性・放湿性にすぐれている上、肌触りも良いのでオススメです。

ワセリン手袋はいいの?

最近話題のワセリン手袋。これは白色ワセリンを手に揉み込んでから手袋をはめる、というもの。ワセリンが持っている「水分の蒸発を防ぐ力」で肌の潤いをキープします。湿潤療法(しつじゅんりょうほう:ワセリンなどで潤いを保つことで、傷ややけどを通常よりも早く治す治療法のこと)によって、ひびやあかぎれに効果的といわれています。ワセリンは無害でアレルギーの心配もほとんどなく、そして安価に販売されているので手軽に試すことができますね。

やり方はカンタン。薬局などで売られている白色ワセリンを寝る前に小さじ半分ほど手に揉み込みます。荒れが気になるゾーンやひび割れなどには特に念入りに。そして手袋をして眠るだけ。さっそく翌朝にはその効果が実感できた、という人も!

水仕事のときにはゴム手袋をしよう!

先ほどお話ししたように、食器洗いや手洗い洗濯などの水仕事は手荒れを引き起こします。洗剤や熱いお湯などで肌の潤いが失われないように、ゴム手袋をはめるようにしましょう。手の皮脂が奪われにくくなります。

天然ゴムでかゆみやかぶれがあったり臭いが気になるようであれば、ポリエチレン手袋をはめてからゴム手袋をするのもひとつ。これだけでも保湿になりますが、より高い効果を求めるなら、手袋をはめる前にハンドクリームを塗っておくとその効果はグンとアップ。

冬など、「水が冷たいから…」とお湯を使っている人も、ゴム手袋をすれば冷たさが気になりません。無駄にお湯を使わないので、ガス代や電気代の節約にもつながって一石二鳥です。

手荒れを治すには保湿が重要。

手荒れ解消のキーワードは「保湿」。保湿効果のありそうなアレやコレ、手荒れ対策として使えるのでしょうか?

手荒れにワセリンっていいの?

ワセリンの原料は石油。そう聞くとなんだか体に悪いようなイメージを持ってしまうかもしれません。

化粧水などのように肌に浸透し水分を与えるのではなく、ワセリンは肌表面にとどまって、外部刺激から肌を守る膜を作る働きがあります。

ベタつきやすいので、日中よりは就寝前に塗るのがオススメ。お顔につけた化粧水を手にもなじませて、その上からワセリンを塗ってみましょう。水分をギュッと閉じ込めることができて、翌朝にはすべすべの手になる確率アップ!少量を手で温めてから伸ばすのがコツです。

ただし、ワセリンを塗ったまま長時間日光に当たると、成分中にごくわずかに残る不純物が油焼けを起こしてしまう可能性もあります。その点からも、夜間に使用するのがいいでしょう。

オロナインは塗ってもいい?

オロナインは、皮膚を保護する役割を持った第2類医薬品で、ひびやあかぎれの治療薬です。ただし、オロナインは保湿剤ではなく、殺菌効果も持っているため、乾燥予防のクリームとして毎日使うには適していません。

オロナインを塗ることで傷部分を守って回復を早めるので、あかぎれやひびなどができ始めたときに部分的に使うようにするといいでしょう。

ただしオロナインの説明書には、「ただれ」や「かぶれ」などが出ているときの使用は避けるよう記載されています。そのほか、かゆみや赤みなどの副作用が出た際も、使用を中止しましょう。

ニベアのクリームは手荒れに効果ある?

リーズナブルなクリーム、ニベア。この青い缶を知らない人はいないと言ってもいいほどの定番ですよね。少し前には、ネットなどを中心に「高級クリームに近い成分でできている」とも話題にもなりました。主成分はミネラルオイル・ワセリン・グリセリン。うるおいを与えるというよりは、肌表面にとどまって肌を保護したり水分の蒸発を防ぐ働きをします。

そのため、ワセリンと同じようにまず化粧水をつけてから塗ることで、うるおいをギュッと閉じ込めて手荒れの改善や予防に役立ちます。

手荒れを治すには、部位に合ったケアをすべき?

「手荒れ」と一言で言っても、手の甲がカサカサ荒れる人、指先にひび割れができる人、さかむけができてしまう人…。これらの違いはどうして現れるのでしょうか?それぞれの原因とケアを見ていきましょう。

手の甲が荒れたら、どうする?

手の甲だけが集中的に荒れるのはどうしてでしょうか?それは外気にさらされることが多いから。エアコンやストーブなどの影響も受けやすく、乾燥しがちです。また、ストレスなどで免疫力が低下したときなどに湿疹が出やすい箇所でもあるので、疲れが溜まっているときなどは注意しましょう。

お風呂上がりにお顔につけたあと手に残った化粧水や乳液で潤いを与える、ハンドクリームをこまめに塗るなどで対策を。

指先がガサガサに荒れちゃう人は?

手の甲は、パソコンを使ったり料理をしたりなど何気ないときに目につきます。ですから荒れていることにも気づかれやすいのですが、実はガサガサしやすいのは指先。飲食業や美容師さん、紙を扱う仕事についている人は特に荒れやすい傾向があります。

さらに最近では、スマホやタブレットなどのタッチパネルの触りすぎによる指荒れやさかむけも。また清潔を意識して手を洗いすぎることも、これらの原因になります。

指先のかさつきや荒れが気になるときは、手の甲と同じようにハンドクリームで保湿するだけでなく、できるだけ普段の生活で刺激を与えすぎないよう気を配りましょう。

できてしまったさかむけは、無理に取ると余計に傷口が広がり出血してしまうことも。引っ張らないように気をつけて、爪切りで根元近くをカットするのが早く治す近道です。

手荒れがひどいときに皮膚科へ行くメリットとデメリット

ガンコな手荒れ。皮膚科で治療することもできますが、そのメリットとは?どんな治療法や薬が用いられるのでしょうか?そして、皮膚科を受診するデメリットは?

メリット1:皮膚科に行くと手荒れの原因や肌質によって薬をくれる

大きなメリットとしては、症状や原因に適した処置をしてもらえるということ。保湿剤の種類や効果も、市販では許可されていないものや、高い効果が期待できるものを処方してもらえます。

また単なる乾燥や荒れだと思っていても、アトピー性皮膚炎や手水虫(手白癬)、ダニによる感染症が原因ということも考えられます。適切な診断をしてもらうことで、早めの改善につながりますね。

メリット2:皮膚科の薬の方が市販のものより安い場合も!

皮膚科で手荒れの診察を受けた場合は、保険が適用されます。薬としては、湿疹の炎症を抑えるステロイドや、肌を守る保湿剤などの外用薬が処方されることが一般的。かゆみを止める抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤といった内服薬を併用する場合もあります。

これらは「薬」つまり「医薬品」ですから、化粧品や医薬部外品とは異なり、効能効果が認められています。保険が適用されている薬なら安価に手に入りますし、「市販の保湿剤などをいろいろ購入してみたけど結局あまりキレイにならない…」という失敗を考えれば、かえって経済的と言えますね。

メリット3:ひび割れに効く薬やテープももらえる

ひび割れやあかぎれなどの症状は、先述のように保湿剤やステロイド外用薬を使って治療していきます。保湿剤は主にワセリンや尿素、ヘパリン類似物質などを処方されるでしょう。またステロイドと聞くと副作用があるイメージかもしれませんが、医師の指示に従って正しく使えば怖い薬ではありません。

また、ひび割れ用に薬が塗られているテープもあります。痛いひび割れを守るために絆創膏を貼る人も多いと思いますが、うまく貼れなかったりムレたりふやけたりして逆効果になってしまうことも。皮膚科でもらえるテープならそういった問題も起きにくいでしょう。

皮膚科へ行くデメリットは?

専門医に診てもらえば、適切な処置をしてもらえるのでスピーディーに改善することができます。デメリットとしては病院に通うのが面倒、保険適用とはいえ費用がかかる、といったことくらい。

ですが先述のように、効果があるか定かではない市販品を買うよりも、早くてコスパよく改善できる可能性があるということから、メリットの方が大きいと言えますね。

手の状態によってハンドクリームを使い分けることが大切です

手荒れは、乾燥や外的刺激などが原因で起こります。日々の生活に気を配りつつ、かゆみやひび割れなど症状の重さによってハンドクリームを使い分けましょう。単なる手荒れではなくさまざまな病気の可能性もありますので、改善しないようならすぐに皮膚科の診察を受けることをおすすめします。

ネイルやアクセサリーの映える美しい手、一緒に目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事