キュッと引き締まったお尻をつくる!? おすすめの食べ物と体操!

キュッと引き締まったお尻をつくる!? おすすめの食べ物と体操!

年齢と共にいつの間にか「だらっ」と垂れ下がるお尻!これを解決するには、筋肉トレーニングや体操によってお尻の筋肉を鍛えると同時に、食生活で良質な栄養素を補給することが大切だそうです。それでは、引き締まったお尻を目指す、食材と体操をご紹介!

お尻の筋肉を強化するおすすめの食べ物

キュッと引き締まったお尻をつくる筋トレを効果的にするには、はやり、筋肉をつけること。では、一体どのような食材が筋肉を増やすのを助けてくれるのでしょうか。具体的にチェックしていきましょう。

【キュッと引き締まったお尻をつくる!? 食材】

<良質なタンパク>
筋肉の元になる栄養素は、なんといってもタンパク質!これが不足していると、いくら筋トレをしてもお尻の筋肉量は増えません。肉・魚といった動物性タンパク質をはじめ、大豆に含まれる植物性タンパク質などバランスよく摂取するようにしましょう。

<牛乳と甘いもの>
少し意外かもしれませんが、タンパク質と一緒に適度な糖質を摂ることで、筋肉量が更にUPすると言われています。なぜ糖質が良いかというと、インスリンというホルモンに秘密があるそうです。運動直後に糖質・タンパク質を摂取するとインスリンが分泌され、血糖が取り込まれやすい状態になります。同時に、糖と一緒に大量のタンパク質も筋肉の中に取り込まれると言われています。

ただ、皆さんもご存知の通り、甘いものは食べ過ぎてしまうと肥満の原因に…。目安としては牛乳200mlのタンパク質と10〜15g程度(例:小さめのプリン1個・アイスクリーム1/2個)の糖分を摂取するようにしましょう。

ペットボトル体操でお尻を鍛えよう!

どこの家庭にもありそうな、空のペットボトルを使用した「ペットボトル体操」のやり方についてご紹介します。

ペットボトル体操は、お尻の筋肉と同時に内転筋(太ももの内側の筋肉)も鍛えるそうです。内転筋の筋肉を強化することで女性ホルモンの分泌が活性化し、PMS・更年期といった婦人病を予防することに繋がるとも言われています。

【ペットボトル体操のやり方】
1.空のペットボトルを股の間に挟みます。
2.1の姿勢のままペットボトルを潰すようにグッと太ももを締め、20秒間キープします。
3.20秒経過したら力を抜きましょう。
4.1〜3の動作をを3回繰り返して1セットです。1日2セットを目安に実践しましょう。

いかがでしたか?お尻の筋肉が増えると、スタイルがよく見えることはもちろん、冷え性や姿勢の悪さといった症状も改善されます。健康維持のためにも、是非一度お試しください。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事