毛穴のたるみは表情筋を鍛えつつ、肌の内側からアプローチを!

毛穴のたるみは表情筋を鍛えつつ、肌の内側からアプローチを!

毛穴のたるみは、加齢や乾燥などが大きな原因。加齢や乾燥により、真皮の水分量が減少したり弾力がなくなることで重力に耐えられず、たるんでしまうのです。たるみ毛穴を防ぐためには、保湿ケアに加えて肌の内側からのケアと表情筋を鍛えることが大切です。

たるみ毛穴をそのままにしていると、肌はどうなる?

加齢や乾燥によって肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少したり、表情筋が硬くなることで重力に逆らえずにしずく型のたるみ毛穴になってしまうと言われています。

たるんだ状態の毛穴をそのまま放置しておくと、毛穴がどんどん伸びて帯状になってしまう場合が…。セルフケアで解消できない状態になってしまう前に、早めのケアをしていきましょう。

保湿・インナーケア・表情筋エクササイズでたるみ毛穴を解消

たるみ毛穴を目立たなくさせるには、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチンを補うことや、硬くなった表情筋をほぐしてあげることが大切です。

まずは保湿ケア。常に肌が潤っている状態を保つためにも、朝と夜の念入りなスキンケアを心がけましょう。化粧水を手のひらで3〜4回に分けてじっくり馴染ませ、レチノールや抗酸化作用のあるビタミンC誘導体などが含まれたエイジングケア用美容液を使うのもおすすめです。最後に乳液やクリームで蓋をすることも忘れずに。

たるみ毛穴は保湿ケアだけではなかなか解消されないため、食生活を見直して肌の内側からケアすることがポイントです。肉や野菜、果物、大豆製品などをバランス良く摂り、抗酸化作用が強いビタミンたっぷりの緑黄色野菜を積極的に取り入れると効果的。コラーゲンは加熱すると溶け出すと言われているため、スープや鍋などにしてあげるといいでしょう。

また、普段表情筋をあまり動かさないとどんどん硬くなってしまいます。表情筋を動かすだけでも血行が促されて、新陳代謝が良くなるので、日頃から表情筋トレーニングをしてみてくださいね。やり方は、口を思い切り開いて「あいうえお」とゆっくり時間をかけながら発音するだけ。これを5〜8セット行いましょう。

たるみ毛穴は放置せず、早いうちからしっかりケアを

たるみ毛穴が深刻になって目立つ前に、保湿ケア・インナーケア・表情筋トレーニングを始めていくことをおすすめします。たるみ毛穴を解消して自信に満ちたすっぴん肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事