敏感肌さんのベースメイクは、保湿とフェイスパウダー選びを慎重に

敏感肌さんのベースメイクは、保湿とフェイスパウダー選びを慎重に

メイクやちょっとした刺激で肌が荒れやすい敏感肌さんは、ファンデーションよりも肌に優しいフェイスパウダーを使ってベースメイクをするのがおすすめです。敏感肌さんにぴったりのフェイスパウダーの選び方とベースメイクのポイントをご紹介していきます。

敏感肌さんはノーファンデのベースメイクがおすすめ

敏感肌とは、食生活の乱れやストレス、急な環境の変化などにより角質層が荒れてバリア機能が低下している肌のことを指します。バリア機能が低下している敏感肌は、外部刺激に過剰反応してしまうため、肌に負担のかかるファンデーションを使うと肌荒れしやすくなるのです。メイク方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、肌に負担がかかるからといって、なにもつけないまま出かけると乾燥やほこり、紫外線などのダメージを受けてしまいがち。そこでおすすめなのがフェイスパウダーと化粧下地だけでベースメイクを完了させるノーファンデメイクなんです。

敏感肌さん向けノーファンデメイクのやり方

少し出かけるときや、お休みの日、普段のメイクなど、完璧に肌悩みをカバーしなくてもいい!という日はファンデーションを使わずにフェイスパウダーでベースメイクを完了させると肌への負担を軽減させることができますよ。

フェイスパウダーを選ぶときには、肌に刺激が強いと言われている、合成界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・香料・パラベンなどが含まれていないものを選ぶといいでしょう。

また、乾燥と紫外線は敏感肌の大敵であるため植物由来の美容成分が含まれているものや保湿効果の高いフェイスパウダー、日焼け止めを使わずに済むように紫外線カット効果のあるフェイスパウダーを選ぶことをおすすめします。

洗顔後、保湿せずにフェイスパウダーをつけると粉ふきの原因になってしまうため、必ず化粧水でたっぷり保湿して乳液やクリームで油分を補いましょう。スキンケアをきちんとしておくことで乾燥を防ぎ、フェイスパウダーの持ちが良くなりますよ。色ムラやくすみが気になる場合は、低刺激な化粧下地を使って肌の凹凸をフラットにしておくといいですね。

フェイスパウダーをつけるときには、ブラシよりもふわっとした柔らかくて厚みのあるパフがおすすめです。パフに適量のフェイスパウダーを含ませて擦り合わせてから、肌に摩擦を与えないように優しく乗せていきましょう。

肌に合ったフェイスパウダー選びで敏感肌を優しくカバー

ファンデーションに比べると、フェイスパウダーのカバー力は劣りますが、スキンケアを念入りにしておくことでキメが整ってみずみずしい肌に見せることができます。化粧下地をうまく活用しつつ自分の肌に合ったフェイスパウダーを使い、敏感肌を優しくカバーしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事