【医師に聞く】私の肌のくすみ度は?チェック法とおすすめ化粧品紹介

【医師に聞く】私の肌のくすみ度は?チェック法とおすすめ化粧品紹介

肌のくすみと聞いても私はまだ大丈夫と油断していませんか? でも肌のくすみは突然現れはじめるというから要注意です! クロスクリニック銀座の院長 石川浩一先生に、肌のくすみのチェック法~予防法、くすみの改善におすすめな化粧品を教えていただきます!
くすみを改善!原因&最新の治療法 石川浩一先生

肌のくすみとは?

肌のくすみという言葉はよく耳にしますが、「くすみのない肌」と「くすみのある肌」をきちんと線引きする境界線は曖昧ではありませんか? クロスクリニック銀座の院長で形成外科専門医である石川浩一先生に、肌のくすみについて基礎的なことからきっちり教えていただきます!

先生、「くすみ」のある・ないを簡単に見極められるようなポイントを教えてください。

「赤ちゃんの肌は『くすみのない(透明感のある)肌』の最たるものです。肌色が均一でシミもなく、潤いがありモチモチした艶のある肌。反対に『くすみのある肌』は肌色がまだらで所々にシミがあり、カサついてザラザラした肌。これらの症状を一言にまとめて『くすみのある肌』ととらえて良いでしょう」(石川先生)

肌色がまだらなどは想像がつきますが、肌のカサつきやザラつきも含まれるとは知りませんでした。

「赤ちゃんの肌と自分の肌を比べるのが難しい場合は、自分の顔の肌と比較的柔らかく紫外線の影響を受けにくいお腹や二の腕の内側といった部位の肌とを比べてみると分かりやすいです」(石川先生)

【くすみ度チェック!】あなたの肌のくすみ度は?

自分の肌のくすみ度を知ることができる基準のようなものがあれば知りたいです。

「個人差もあるので一概に示すのは難しいですが、一般的な例を挙げてみましょう」(石川先生)

□ 今まで使っていたファンデーションが白浮きしてきた
□ 元気なのに周りから「体調悪い?」「疲れている?」などと言われることがある
□ 二の腕の内側と顔の肌色がかなり違う
□ 日焼けした訳でもないのに肌の色が濃く、まだらになってきた
□ 肝斑やシミが気になる
□ タオルでゴシゴシ拭いている
□ 10〜20代の頃、たくさん日焼けをしていた
                  
ファンデーションの色が合わなくなる、疲れて見られる…。筆者も含め、このような項目に心当たりがある!という方は意外に多いのでは? 自分の肌のくすみについて真剣に向き合ってみる必要があるのかもしれません…。

肌のくすみを改善したい!おすすめ化粧品と予防法

肌のくすみを改善させるのに効果的な美容成分を教えてください!

「一般に購入できる成分の中で、くすみに有効と考えられるのは、『ビタミンC誘導体』『トラネキサム酸』『フラーレン』『ハイドロキノン』『アルブチン』『ルシノール』などで、それらが配合された化粧品を使うと良いでしょう」(石川先生)

ただ、これらの化粧品も、メイクや皮脂などの汚れをきちんと落としてから使用しないと効果が半減してしまうんだそう。

「ゴシゴシ洗うのは禁物ですが、たっぷりの泡で優しくしっかり汚れを落とし、自分の肌にあった美白化粧品でケアをしてあげましょう。それでも効果が見られないときは、医療の力を借りてクリニックで治療するという選択肢についても考えてみるのがおすすめです」(石川先生)

石川先生によると、肌のくすみの予防や悪化を防ぐためには、夏の時期だけでなく一年を通して降り注いでいる「紫外線」の対策をしっかりおこなうことも重要とのこと。その際、日焼け止めは十分な量を塗り、こまめに塗り直しをすることがポイントとなるそうです。

最近、老けて見られる、なんとなく顔がパッとしない…。その原因は「顔のくすみ」だったのかもしれません! 石川先生おすすめの美白化粧品はどれも手軽に入手できるものばかり。早速、くすみケアをはじめてみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
石川 浩一 先生
クロスクリニック銀座 院長/形成外科専門医
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)
  • 同テーマの内部記事リンク(6月20日公開予定)

関連記事