白髪初心者におすすめ!ヘアマスカラのメリット・デメリットや使い方

白髪初心者におすすめ!ヘアマスカラのメリット・デメリットや使い方

ふと鏡を見たら、昨日まで全く無かったはずの白髪を発見して、ガクンと気分が落ち込んでしまったという経験はありませんか?そんな方に、おすすめなのが白髪初心者でもささっとカバーできる白髪ケアアイテム、ヘアマスカラです。

白髪ケアアイテム「ヘアマスカラ」のメリット・デメリット

白髪初心者さんにおすすめの「ヘアマスカラ」ですが、メリット・デメリットを事前に把握しておくことでより上手に活用することができます。早速チェックしてみましょう。

【ヘアマスカラのメリット】
<短時間でさっと染められる>
ヘアカラー剤で髪を染めても、しばらくすると、再び生え際から白髪が目立ってきます。しかし、少し目立ってきたくらいでヘアカラーを使うのは抵抗があるものですよね。そんな時にささっとヘアマスカラを使用すれば綺麗に白髪をカバーすることが可能です。

<持ち運びに便利>
ヘアマスカラはコンパクトなものが多いため、コスメ感覚で化粧ポーチなどに入れてどこにでも持ち歩くことができます。

<髪や地肌が傷みづらい>
ヘアマスカラはシャンプーで簡単に落とせるので、一般のヘアカラー剤に比べると髪や地肌へのダメージが少ないと言われています。

【ヘアマスカラのデメリット】
<帽子や服が汚れやすい>
汗をかいたり、雨に濡れることで色落ちすることがあり、それによって帽子や服にヘアマスカラの色が付着してしまうことも…。雨が降りやすい梅雨や真夏にヘアマスカラを使った時は汚れてもいいハンカチやタオルをバッグに常備しておくことをおすすめします。

<髪がバリバリになりやすい>
慣れてくれば適切な量で塗ることができますが、付けすぎてしまうと塗った部分がバリバリになってしまう可能性があります。また、さらさらと自然な状態に仕上げるにはしっかり乾かすようすると良いそうです。

白髪初心者必見!ヘアマスカラの使い方

ヘアマスカラの使い方は、まつ毛用のマスカラとほとんど同じです。使用する前にキャップをつけた状態でヘアマスカラの容器を上下に振りましょう。そうすることでコーム全体に満遍なくヘアマスカラの液をつけることができます。

そして、指や手に液が付着しないよう注意しながらゆっくりとキャップを回し、出てきたコームで白髪を隠したい部分に塗りましょう。2〜5分程度で乾きますが、急いでいるときはドライアーの冷風もしくはごく弱めの温風で乾かすことも可能です。なお、使用時の放置時間などは、メーカーによって異なる場合もありますので、商品に記載されている使用方法は必ず読んでから使うようにしましょう。

いかがでしたか?ヘアマスカラをテーマにお届け致しました!1本あると便利なヘアマスカラを有効活用し、白髪知らずの美髪をキープしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事