顔にニキビができているけど、秋でも日焼け止めって塗るべき…?

顔にニキビができているけど、秋でも日焼け止めって塗るべき…?

ニキビに日焼け止めを塗るとあまりよくないイメージがありませんか?しかし、ニキビができた部分に紫外線が降り注ぐと活性酸素が発生したり、ニキビの炎症が悪化してなかなか治らないニキビ跡ができやすくなるとも言われているのです。

顔にできたニキビ...日焼けをするとニキビ跡になりやすいかも…

暑い夏が終わり、過ごしやすい秋がやってきましたがうっかり忘れがちなのが紫外線対策。紫外線を浴びると肌が急激に乾燥し、角質が分厚くなって毛穴が詰まりニキビができやすくなると言われています。

それだけではなくニキビができている部分に紫外線が降り注いで日焼けをすると、酸化した皮脂が毛穴に刺激を与えてニキビが増えたり、活性酸素によってニキビの炎症が悪化してニキビ跡にもなりやすいので注意が必要ですよ。

もしもニキビに紫外線が当たって日焼けしたらどうすればいいの?

秋はうっかり日焼け止めを塗り忘れたり、日焼け止めを塗っていたとしても日焼けをしてしまいやすい季節。もしもニキビに紫外線を浴びてしまったらすぐにアフターケアを行ってニキビの悪化を防ぐことが大切ですよ。

まず、日焼けをしてしまったら、なるべくすぐに濡らしたタオルで肌を冷やしてクールダウンさせましょう。そして冷蔵庫で冷やしておいた化粧水を手のひらに取って丁寧に馴染ませます。ニキビができている部分にはニキビケア用の化粧水をコットンに含ませてパックするのも効果的!ただし、 コットンが乾くとニキビに負担をかけてしまうので、乾く前に剥がすことが大切です。化粧水のあとはビタミンC誘導体入の美容液をつけて、乳液で蓋をすれば完了です。

また、ニキビができている部分に日焼け止めを塗ると余計に悪化するイメージがありますが、ノンケミカルでオイルフリー、敏感肌用やノンコメドジェニックの日焼け止めを使えばニキビ肌への負担が軽くて済むと言われています。ドラッグストアなどでサンプルを貰って自分の肌に合うか確認してから広範囲に塗るようにしてみてくださいね。

ニキビを悪化させないように秋でも日焼け対策を!

できてしまったニキビを悪化させたり、治りにくいニキビ跡にしないためにも、季節関係なく紫外線対策をすることが大切です。日焼け止めを塗ったらその日のうちに丁寧にクレンジングと洗顔をして、毛穴を詰まらせないように気をつけましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事