メディア個別 もちもち肌になりたいなら乳液が欠かせない!乳液は正しく使えてる? | 美BEAUTE(ビボーテ)
もちもち肌になりたいなら乳液が欠かせない!乳液は正しく使えてる?

もちもち肌になりたいなら乳液が欠かせない!乳液は正しく使えてる?

ベタつくのが嫌だからと乳液を省いている方もいるかと思いますが、乳液は化粧水や美容液の潤いに蓋をして蒸発を防いで肌を守る重要な役目を果たしています。特に、もちもち肌になりたい方は毎日のお手入れで乳液を使うことをおすすめします。

もっちり肌に近づくならぜひ乳液を!

乳液の役割は、化粧水や美容液に含まれる美容成分や保湿成分に蓋をして水分の蒸発を防ぎながら肌を守ることです。

もちもちの肌になりたいなら、化粧水と美容液でスキンケアを終わらせるのではなく、お手入れの最後に乳液を取り入れるといいでしょう。 しかし、使い方を間違えると肌トラブルを招いてしまう可能性があるので正しい使い方でケアしましょう。

乳液を正しく塗って美肌を手に入れて

Tゾーンや小鼻の脇など、皮脂分泌の多い部分にたっぷりの乳液をつけすぎると、乳液の油分が毛穴を詰まらせることでニキビや吹き出物などができてしまう場合があります。そのため、皮脂の出やすい部分は控えめに乳液をつけてみてくださいね。

また、顔のむくみや血行によるくすみを解消するために、乳液をつけてから顔のマッサージをする方も多いかと思います。乳液を塗ると滑りが良くなってマッサージをしやすくなりますが、乳液の量が足りなかったり、激しく擦るようにマッサージをしていると摩擦が起こって色素沈着の原因になってしまうとも言われているので、注意してくださいね。

マッサージをするときには、普段お手入れの最後に使う乳液の量よりも、2〜3倍の量を使って優しい力加減で丁寧にマッサージをしましょう。マッサージを終えて肌がテカテカしていたり、ベタついていたら柔らかいティッシュで軽く押さえてみてくださいね。

乳液を塗るとき、コットンを使って塗るか、手のひらを使って塗るかで意見が分かれますが、どちらも決まりはありません。サラサラとしたなめらかな乳液はコットンを使い、濃密でこっくりとした乳液は手のひらを使うと塗りやすくておすすめです。コットンを使う場合は摩擦が起きないようにたっぷり乳液を含ませて肌を滑らせるように馴染ませるといいでしょう。

乳液を取り入れて触りたくなるとろふわ肌に

乳液は化粧水や美容液をつけてから1分~2分浸透させて肌がひんやりしたあとにつけるのがベストです。今まで化粧水と美容液でスキンケアを終わらせていたという方は今日から乳液を取り入れてもちっとした肌を実感してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
お気に入り
最新の情報をお届けします