秋になると悩み始める乾燥…カサカサ肌をしっとりさせるスキンケア

秋になると悩み始める乾燥…カサカサ肌をしっとりさせるスキンケア

夏までは何の肌トラブルもなく乾燥すら気にならなかったのに秋になった途端、急に乾燥が気になるようになった方はいませんか?秋は気温や湿度が急激に下がるため、角質層がうるおい不足になり、カサカサ肌になってしまいやすいのです。

秋になると肌の乾燥に悩まされがち…

気温や湿度がぐんと下がる秋は、夏の紫外線ダメージを受けた肌が急激に乾燥しやすい季節。肌の乾燥をそのまま放置しておくと、肌のバリア機能が低下して肌に必要な水分や潤いがどんどん蒸発しやすくなってしまいます。すると肌のシワやたるみ、くすみなどの肌老化の原因につながるため、毎日のスキンケアでたっぷり潤い補給をしてしっとりとした肌をキープしていくことが大切ですよ。

肌の乾燥をストップ!潤いで満たすスキンケア

乾燥してバリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激や摩擦でも肌に大きな負担がかかってしまうと言われているため、丁寧にお手入れすることがポイントです。特に気をつけたいのが毎日欠かせない洗顔。熱いお湯を使って顔を洗ったり、強めのシャワーで洗い流したり、洗顔料を泡立てずにそのままゴシゴシ擦り洗いするのは避けましょう。肌が乾燥して赤みやヒリヒリが気になる場合は、無理に洗顔料を使わずに朝はぬるま湯で丁寧に洗ってくださいね。洗顔後はすぐに保湿ケアに取り掛かります。

肌が乾燥しているときのクレンジングは、刺激が少なく保湿成分が豊富に含まれたクレンジング料がおすすめです。湯船にゆっくり浸かり、毛穴を開かせておくとメイクが落ちやすくなりますよ。

肌をクリーンな状態にしたら、手のひらで温めた化粧水を3〜4回に分けて全体的になじませ、口元や目元などのカサつきが気になる部分には重ね付けをします。乾燥した肌には化粧水や美容液で潤いを与えることが欠かせませんが、化粧水と美容液だけでスキンケアを終わらせると潤いや水分が蒸発してしまうので、クリームや乳液などの油分を補って蓋をしてくださいね。週に1〜2回は保湿力の高いシートマスクをつけて、集中的に保湿していくことも効果的です。肌がカサカサしてベースメイクがうまくのらないときにも、朝からシートマスクでたっぷりの潤いを与えてあげるといいでしょう。

乾燥した秋の肌には基本のスキンケアを丁寧にすることが重要

肌が乾燥しやすい秋には、洗顔・クレンジング方法、保湿ケアの見直していきましょう。乾燥をそのままにしておくのではなく、素早く角層を潤いで満たしてあげることがポイントですよ。夏のダメージをリカバリーして、もっちもちのぷるぷる肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事