重金属が体内に入る3つのルート・おすすめのデトックス食材について

重金属が体内に入る3つのルート・おすすめのデトックス食材について

私達は生まれた瞬間から毎日数多くの有害物質に囲まれながら生活しています。有害物質の一例として重金属があり、そのまま体に蓄積すると疲れやすい・肌荒れ・むくみ・頭痛など体に様々な影響を及ぼしてしまうんだとか…。

重金属を排出する、おすすめのデトックス食材!

重金属には鉛・水銀・カドミウム・ヒ素があり、こうした重金属は普通に生活しているだけでも私達の体内に溜まっていくと言われています。重金属をはじめとした有害物質を排出しやすい体に整えるには、ジャンクフードや清涼飲料水の摂取を控えたりと日頃から食事内容に注意する必要性があります。それでは、重金属が体内入るルートと、それらを排出するデトックス食材をご紹介します。

【重金属が体内に入るルート】
<水道水>
水道水(特に古い水道パイプ)に溶け出している鉛は最も危険とのこと。浄水器を使用しても完全に除去することは難しいため、飲み水や料理に使用する水だけでもミネラルウォーターに変えることをおすすめします。

<化粧品>
口紅には鉛が配合されていることが多く、重金属摂取の原因になることがあります。購入前に原材料をよく確認するようにしましょう。

<農薬>
農薬にはカドミウム、鉛、ヒ素などの重金属が含まれています。農薬は有機物ではないほとんどの食品に多用されているため、可能な限りオーガニック食品を選ぶようにしましょう。

【重金属を排出するおすすめのデトックス食材】
<発酵食品>
体の毒素の7〜8割は便として排出されるため、まずは腸内環境を整えることが先決です。特に味噌・醤油、漬物・ヨーグルトといった発酵食品は便秘を解消する効果が期待できますので毎日一度は取り入れるようにしましょう。

<香味野菜>
にんにく、長ネギ、玉ねぎ、ニラなどの香味野菜にはアリシンという成分が豊富に含まれており、有害物質をカニのハサミで挟み込むように結合し有害物質を体外へスムーズに排出してくれます。

デトックス効果が期待できる美容レシピ〜長ネギのグラタンスープ〜

長ネギのグラタンスープの作り方をご紹介します。当レシピにはグリュイエールチーズを使用していますが、もし手に入らない場合はとろけるチーズでもOKです!

【長ネギのグラタンスープの作り方】
<材料>
・長ネギ 2本
・ベーコン 2枚
・鶏がらスープ(粉末) 小さじ1
・塩胡椒
・水 300ml 
・バター 小さじ2
・バゲッド 適量
・グリュイエールチーズ 40〜50g
・パセリ 適量

<作り方>
1.長ネギは薄切りに、ベーコンは粗みじん切りにします。
2.鍋にバターをひき、1のベーコンを2分程炒めます。
3.2に長ネギ・塩胡椒を入れ焦げないよう注意しながら炒めます。
4.3に水、鶏がらスープを入れ中火で温めます。味見をしながら塩胡椒を足しましょう。
5.耐熱皿に4のスープを注ぎ入れ、スライスしたバゲッドを乗せてとろけるチーズを散らします。
6.トースターでこんがりと焼き目がつくまで加熱し、パセリを散らして完成です。

いかがでしたか?知らず知らずのうちに溜め込んでいる重金属…。特に大切なのは「排出する力を身につけること」です。デトックス食材を上手に活用して溜めない体を作りましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事