もしかして金属アレルギー?指輪で皮膚がかぶれる原因と対処法は?

もしかして金属アレルギー?指輪で皮膚がかぶれる原因と対処法は?

指輪はアクセサリーの中でも特別な意味を持つアイテム。恋人とのペアリング、結婚指輪などさまざまです。そんな指輪も、つけていることでときどき皮膚がかぶれてしまうことはありませんか?これは金属アレルギーが原因なんでしょうか?くわしくご紹介します。

指輪で皮膚がかぶれた!これって金属アレルギー?

アクセサリーが好きで、日常的に指輪のほかにもネックレスやブレスレットなどを身につけている人は、アクセサリーによる皮膚のかぶれや、金属アレルギーなどに対していろいろと対策ができているかもしれません。

しかし、あまりアクセサリーをつけない人が、たまに指輪をつけたりすると、思いもしない皮膚のかぶれを引き起こすこともあります。

こうした指輪で起こる皮膚のかぶれは、金属アレルギーを疑うことが多いと思います。金属アレルギーは指輪の材質や自身の体質によっても発症しやすくなるのだそう。

しかし実際には金属アレルギーではないケースが多いようです。指輪による皮膚のかぶれは、意外にも日常生活のなかに原因が隠れていることも。

最も考えられるケースとしては、石鹸や洗剤によるかぶれです。たとえば指輪をしたまま手を洗うと、石鹸が指輪と皮膚の間に入り込んで成分と皮膚が反応して炎症を引き起こすこともあるのだとか。

よくすすいだつもりでも、指輪が複雑な形をしていたり、裏側に刻まれた刻印に入り込んだ成分が洗い流されずに、炎症の原因になることもあると言われています。

なかなか改善されない場合は、手を洗うときは指輪を外すなどして、対処しましょう。

指をキレイに見せるためにも皮膚のかぶれは要注意!

もし水仕事が多い人なら、手湿疹を引き起こしている可能性もあるかもしれません。飲食店の洗い場などで長時間水仕事している人は、手の免疫機能が低下していることが多いので、雑菌が皮膚の表面で繁殖しやすいのだとか。

これらは直接指輪とは関係がありませんが、ゴム手袋などで対策をとることをオススメします。あまりに症状がひどい場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。

指輪はおしゃれアイテムでもありますが、それを生かすも殺すも手や指次第。キレイな指先でなければ指輪も輝けないでしょう。まずはしっかりケアして皮膚のかぶれを解消させることからはじめてみましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事