皮脂や汗に強いウォータープルーフファンデーションの正しい落とし方

皮脂や汗に強いウォータープルーフファンデーションの正しい落とし方

長時間メイクしていてもテカらない、崩れないウォータープルーフタイプのファンデーション。しかし、適当に落としていると、肌にファンデーションが残って毛穴詰まりやニキビなどの肌トラブルや肌老化の原因になってしまうため、注意が必要です。

皮脂・汗に強いファンデーション、ちゃんと落とせてる?

肌への密着度が高く、夜まで崩れにくいウォータープルーフファンデーションですが、毎日きちんとクレンジング料を使って落とせていますか?特に落ちにくいウォータープルーフファンデーションは、メイクとの馴染みがいいオイルクレンジングが最適だと言われています。オイルは主成分が油分でできているため、落ちにくいウォータープルーフファンデーションもするんと浮かせて落とすことができますよ。

ファンデーションをきちんと落とすクレンジングのコツ

ウォータープルーフタイプのファンデーションは、洗浄力がマイルドなミルククレンジングやジェルクレンジングよりもオイルクレンジングを使うのがベストですが、その分肌への刺激が大きいので短時間でささっと落としていくことがポイントです。

まずはクレンジングをする前にメイクの上からホットタオルやスチーマー、湯船の蒸気を当てて毛穴を開かせておきましょう。この一手間でファンデーションがぐんと落ちやすくなりますよ!濡れた手でも使えるクレンジングもありますが、乾いた手でメイクを落としたほうがスムーズに落とせます。お風呂場でメイクを落とすときにも、一旦タオルで手の水分を取ってからクレンジングをしていきましょう。

クレンジングの順番は、皮脂が分泌されやすいTゾーンから洗い、肌が薄くてデリケートな口元や目元は最後に行います。アイメイクはあらかじめポイントリムーバーできちんと落としておくと色素沈着を防ぐことができますよ。

メイクを浮かせたあと、ぬるま湯を少し加えてあげるとよりファンデーションが落ちやすくなります。洗い流すときには、30~32度のぬるま湯でぬるつきがなくなるくらい流して、最後にたっぷりの泡を立てた洗顔料で顔全体を洗い、毛穴詰まりを防いであげることも大切ですよ!

クレンジングをしっかり行いファンデーションをきちんとオフしよう

落ちにくいウォータープルーフタイプのファンデーションは普段より念入りにクレンジングをする必要があります。少し面倒なようでも、ホットタオルやスチーマーで毛穴を開かせてから乾いた手でクレンジングをするだけでぐんと落ちやすくなるのでぜひ試してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事