玉ねぎの皮に含まれる意外な美容成分とは?上手な使い方について

玉ねぎの皮に含まれる意外な美容成分とは?上手な使い方について

血液をサラサラにする健康に良い野菜としてお馴染みの玉ねぎ。スープや酢豚など様々なレシピと相性が良いことから自宅に常備している方も多いことでしょう。また、普段は廃棄している皮の部分にも素晴らしい栄養素が含まれていることをご存じでしょうか?

玉ねぎの皮に含まれる成分について

玉ねぎの皮はポリフェノールの一種「ケルセチン」という抗酸化成分を可食部よりもはるかに多く含んでおり、老化の原因である活性酸素の発生を抑えながら、しわ・たるみなどの肌トラブルを予防・改善してくれます。また、ケルセチンには脂肪分解をサポートする働きもあるのでダイエット中の心強い味方にもなってくれそうです。

玉ねぎの皮は筋が多いため食べにくいという点が難点です。しかし、旨味の成分のグルタミン酸なども含まれており、素材の味をグッと引き立ててくれるので鍋でじっくり煮出し、味噌汁やスープの出汁として使えば皮そのものを食べなくても有効成分をきちんと補給することができます。

玉ねぎの皮を使ったおすすめの美容レシピ〜栄養満点スープカレー〜

玉ねぎの皮で出汁をとる栄養満点スープカレーの作り方をご紹介します。辛いのが得意な方はお好みでチリパウダーなどの香辛料を加えると良いでしょう。

【栄養満点スープカレーの作り方】
<材料>
・手羽元 6本
・玉ねぎ 1/2個
・玉ねぎの皮 2個分
・水 650ml
・ナス(小) 1本
・ピーマン 1/2個
・パプリカ 1/2個
・レンコン 100g
・バター 10g
・おろしニンニク 小さじ1
・おろし生姜 小さじ1
・揚げ油 適量

<調味料>
・カレールー 2かけ
・カレーパウダー 大さじ1
・醤油 小さじ2
・塩胡椒 適量
・コンソメ顆粒 小さじ1
・はちみつ 小さじ2

<作り方>
1.レンコンは輪切りに、ナス・ピーマン・パプリカはくし形にカットします。
2.1の野菜を全て素揚げし、よく油を切っておきます。
3.鍋に水と適当な大きさにちぎった玉ねぎの皮を入れ、弱火でじっくり煮出していきます。琥珀色になるまで煮出したら火を止め、ザルで漉します。
4.フライパンにバターを熱しみじん切りの玉ねぎを入れ、透き通るまで炒めます。
5.4の玉ねぎを一旦お皿に取り出し、手羽元を焼き目がつくまで両面焼きます。
6.圧力鍋に2の出汁と玉ねぎ・手羽元・おろしニンニク・おろし生姜を加え5分間加圧します。
7.ピンが下がったらカレールー・カレーパウダー・コンソメ顆粒・はちみつを加え数分煮込みます。仕上げに塩胡椒・醤油で味を整えましょう。
8.器にカレールーを注ぎ、素揚げした野菜を飾り付けて完成です。

いかがでしたか?今まで生ゴミとして捨てていた…という方もこれからは是非玉ねぎの皮を使って賢くインナーケアを実践してみてくださいね!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事