赤ら顔を自然にカバーしたい!スキンケアとベースメイクポイント

赤ら顔を自然にカバーしたい!スキンケアとベースメイクポイント

赤ら顔が気になるから、とコンシーラーやファンデーションを重ね塗りすると日中に崩れてしまい、赤ら顔が目立ってしまったことはありませんか?赤ら顔を自然にカバーするには、厚塗りをしないことが重要です。赤ら顔をナチュラルにカバーする方法をご紹介!

赤ら顔をベースメイクでふんわりカバーするには?

赤ら顔をしっかり隠そうとするとついついコンシーラーやファンデーションを厚く塗ってしまいがち。赤ら顔を隠した部分だけ暗く見えたり、崩れやすくなってしまいます。

赤ら顔を自然にカモフラージュするためには、コンシーラーやファンデーションで無理にカバーしようとせず、丁寧な保湿ケアで肌に潤いを与えること・赤みを目立たなくさせるグリーンの化粧下地やコントロールカラーを活用していきましょう。

赤ら顔には、ベースメイク前の保湿ケア・化粧下地・コントロールカラーを!

赤ら顔を自然に隠すベースメイクに取り掛かる前に、まずはたっぷりの化粧水を馴染ませて肌をふっくら潤わせておきます。仕上げに乳液やクリームで油分を補い、ハンドプレスをして肌にしっかり馴染ませてくださいね。乾燥した肌にベースメイクをしても、ノリが悪くなったり乾燥によるメイク崩れが起きる場合があるので、保湿ケアはしっかりと行うことが大切です。

そして、化粧下地やコントロールカラーは血色をよく見せるピンク系のものを塗るとかえって顔の赤みが目立つため、グリーン系がおすすめです。赤ら顔は、化粧下地やコントロールカラーを強い力で塗り込んだり、摩擦や刺激を与えると毛細血管が広がって赤みが強くなってしまうので要注意。手のひらで温めた化粧下地やコントロールカラーを顔にポンポンと乗せて、丁寧に均等に伸ばしていきましょう。赤みが気になるところには、グリーン系のコントロールカラーを薄く重ね付けを。

きちんと馴染んだら、次はファンデーション。ファンデーションは素肌よりもワントーン暗めのベージュ系の色、そしてツヤ感によりイキイキとした印象になれるリキッドファンデーションがおすすめです。

ファンデーションをムラなく伸ばしたら仕上げのルースパウダーを乗せて赤みを目立たなくさせるといいでしょう。色は透明感を出す淡いパープル系やブルー系などの寒色系のルースパウダーを使い、赤みがある部分にブラシでふわっと乗せてあげるとより自然な仕上がりになりますよ。

土台をきちんと整えればを赤ら顔を自然に隠せる!

丁寧な保湿ケア、グリーン系の化粧下地やコントロールカラーを仕込んでおき、ファンデーションはワントーン暗めのものを薄く塗るだけでだいぶ赤ら顔が目立たなくなるはずです。あらゆるアイテムを重ね塗りしてカバーしていたという方は、ぜひ試してみてくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事