シンプルだけど効果抜群!? ティッシュを使ったスキンケアのやり方

シンプルだけど効果抜群!? ティッシュを使ったスキンケアのやり方

巷で売られている美容グッズは何かとお金がかかるもの…。美容は続けることが大事なのでできればお財布に優しい美容法も取り入れていきたいものですよね。そこで今回こちらではどこの家庭にもあるティッシュを使ったスキンケア法についてご紹介します。

ティッシュを使ったスキンケア〜ティッシュドライのやり方〜

「洗顔をしたらタオルで顔を拭いている」という方がほとんどなのではないでしょうか?しかし、タオルはふんわりと顔の上に乗せるだけでも繊維によって肌に摩擦をかけ、負担をかけている可能性があるんだとか。一方、ティッシュドライであれば濡れた顔の上に重ね、水分を染み込ませるだけなのでタオルドライに比べると何倍も肌への負担を軽減できると言われています。また、タオルには洗濯をしていても目に見えない雑菌がたくさん付着しているそうですが、代わりに清潔なティッシュを毎日の洗顔後に使うことでニキビや吹き出物などの肌トラブルを防ぎやすくなります。

【ティッシュドライのやり方】
1.洗顔後の濡れた顔の上にティッシュを2枚重ねます。
2.水分を吸収されたら擦らずにそのまま剥がしましょう。

【ティッシュドライの注意点】
肌のためには柔らかいティッシュの方が良いと思いがちですが、柔らかいティッシュだと水分を吸収した後破けやすく、ボロボロと顔に残ってしまいます。あまり柔らかすぎるものよりも普通程度〜やや固めのティッシュを選ぶ方が良いでしょう。

ティッシュを使ったスキンケア〜ティッシュパックのやり方〜

ティッシュパックとはお手持ちの化粧水をティッシュに染み込ませ、保湿パックとして利用する美容法のこと。ティッシュパックはあらかじめ形が決まっている市販のパックと異なり、自分の顔のサイズに合わせて形を微調整できるというメリットがあります。

また、ティッシュパックを行うことで化粧水がしっかりと角質層まで染み込み、短時間で肌がモチモチに柔らかくなるんだとか!肌が柔らかくなると次に使う美容液やフェイスクリームなどの化粧品の浸透力も向上しやすいそうです。

【ティッシュパックのやり方】
1.縦に2〜3枚に割いたティッシュを2〜3枚程用意します。
2.1のティッシュをそれぞれ2〜3回折り、手の平で化粧水を染み込ませましょう。
3.2の化粧水を染み込ませたティッシュをTゾーンや頬、顎など顔全体を覆うように満遍なく乗せていきます。
4.2〜3分程置いたらティッシュパックを剥がしてください。

ティッシュ使ったスキンケアをテーマにお届け致しました!いつでもどこでも手に取れる身近なアイテムでケアできるのは大変嬉しいものですよね。是非あなたも朝や夜のスキンケアルーティーンの一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事