春のスポーツ日和に日焼けしないために!スキンケアとメイクのコツ

春のスポーツ日和に日焼けしないために!スキンケアとメイクのコツ

これからだんだん暖かくなってくると、ジョギングやウォーキングといったスポーツを始める方も増えてくるかと思います。シミを作らないために紫外線対策も欠かせませんが、スキンケアのポイントとスポーツをしても崩れにくいメイク方法をご紹介していきます。

春のスポーツ前にしておきたいスキンケアと崩れにくいメイク方法とは?

春になると外でのスポーツをしたくなりますよね。屋外でスポーツを始めると気分転換になる一方で、紫外線による日焼けやメイクの皮脂崩れなどが気になりがち。仕事へ行く前に軽いスポーツをしたくてもメイクが崩れるのが嫌…という方は、メイク前のスキンケアとメイク崩れを防ぐベースメイクをしてみませんか?

スキンケアとメイクで心置きなくスポーツを楽しもう

スポーツをすると汗をかいて肌がベタつくから、と保湿ケアをせずにメイクに取り掛かると乾燥を招いてかえって崩れやすくなってしまいます。そのため、朝起きたら洗顔をして、速やかに保湿ケアに取り掛かりましょう。崩れにくいベースメイクをするにあたって、水分と油分のバランスをきちんと整えてあげることが必要不可欠。化粧水を手のひらで浸透させて美容液を馴染ませてから、乳液やクリームを薄く伸ばして蓋をしてくださいね。

化粧水や乳液などの基礎化粧品が馴染まずに肌の表面に残ったままベースメイクに取り掛かると、ヨレやムラの原因になってしまうので、しっかりと肌に確実に馴染んだのを確認してからメイクに取り掛かりましょう。スキンケアをして5分ほど待ってから、肌の表面に浮いてきた不要な油分を優しくティッシュで抑えるのがポイントです。

スポーツをするときにおすすめなのは、パウダーファンデーションなどの粉状のファンデーションよりも、密着度の高いリキッドファンデーションやCCクリーム、BBクリームなど。皮脂を味方につけることでツヤ肌に見せてくれますよ。また、うっかり焼けを防ぐためにも、日焼け止めをムラなく塗りましょう。

ファンデーションは顔の内側から外側に向かって指で伸ばし、指の腹を使いながら小鼻の脇や目元などの細かいパーツをタッピングするように馴染ませます。仕上げに何もついていないスポンジを使って顔全体を軽くタッピングすることで、肌に密着しつつ余分な油分を吸収し、崩れにくくしてくれると言われています。汗をかくと日焼け止めの効果が低くなるので、あぶらとり紙やタオルで汗や皮脂をおさえたら、紫外線カット効果のあるスプレーやフェイスパウダーでこまめに紫外線対策をしてくださいね!

春のスポーツ後は念入りなスキンケアも大切!

スポーツをする前に日焼け止めを塗っても、長時間外でスポーツをしていると紫外線によるダメージを受ける可能性が。帰宅したらなるべく早くメイクを落として、美白化粧水や美白美容液、シートマスクなどを使ってお肌を潤いで満たしてあげましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事