これでもう悩まない!ファンデーションの粉ふきを防ぐ簡単スキンケア

これでもう悩まない!ファンデーションの粉ふきを防ぐ簡単スキンケア

朝起きてきちんとスキンケアをしているのにファンデーションのノリが悪かったり、粉ふきが気になったり…。朝から気分が沈みがち。でも、ベースメイク前のスキンケアのポイントをおさえることでファンデーションの粉ふきを未然に防ぐことができますよ。

粉ふきファンデーションを防ぐにはスキンケアの見直しを

ファンデーションをつけてから時間が経つと粉っぽく見えたり、ファンデーションを塗った瞬間にノリが悪いと感じたり、口元や目元がかさついてシワっぽく見えてしまったことはありませんか?

そもそも、この季節に悩まされやすいファンデーションの粉ふきの原因は乾燥・古い角質・ターンオーバーの乱れなどが挙げられます。ファンデーションの仕上がりを大きく左右するのは肌のキメなのですが、乾燥や古い角質が蓄積されていることなどにより肌のキメが粗くなってしまうのです。そのため、ファンデーションを新しく買い換えるよりもスキンケアの見直しからしていくといいでしょう。

ちょっと早起きして念入りなスキンケア!ファンデの粉ふき予防策

ファンデーションを塗ったあとに粉ふきが目立つとお直しするのが大変ですよね。一通りベースメイクを終わらせたのに粉ふきが気になって、出かけるのも嫌…となってしまう前に、少し早起きして念入りなスキンケアをしてみませんか?

まず、朝起きたら洗浄力がマイルドな洗顔料をたっぷり泡立てて顔を洗い、ホットタオルを顔にのせて毛穴を開かせつつ、血行を促進させていきます。化粧水で肌を整えたら、潤いたっぷりのシートマスクをつけて日中の乾燥に負けない肌づくりをしていきましょう。シートマスクを剥がした後は清潔な手でじっくりとハンドプレスをして、きちんと馴染んだのを確認してから乳液やクリームで蓋をしてくださいね。粉ふきしやすい口元や目元には重ね付けを。

スキンケア後はすぐにベースメイクに取り掛かるのではなく、3〜5分ほどそのままにしておき、余分な油分が浮いてきたら軽くスポンジやティッシュでオフすることがポイントです。

ファンデーションの粉ふき予防には化粧下地選びも大切。皮脂吸着機能のあるものや、さらっとした化粧下地は避けて、オイルや保湿、美容成分が多く配合されているしっとりとした化粧下地を選ぶといいでしょう。 下地をムラなく塗ったら保湿力高めのファンデーションを薄く伸ばして、最後にハンドプレスをしたら完了です。ファンデーションをつい厚塗りすると、時間が経つにつれて乾燥崩れになりやすいため、薄塗りを心がけてみてくださいね。

ファンデーション前の土台づくりでしっとり肌へ

ベースメイクをする前に、しっかりとお手入れをしてうるおった肌の土台を整えておくこと、化粧下地の選び方、ファンデーションを薄く塗ることで粉ふきを防ぐことができますよ。それでも日中乾燥する方は、ファンデーションの上から1滴のフェイスオイルを馴染ませるとしっとりとした肌を保てるのでぜひ試してみてくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事