青パパイヤに期待できる美容・健康効果は?気になる栄養素について!

青パパイヤに期待できる美容・健康効果は?気になる栄養素について!

タイでポピュラーな野菜として食べられている青パパイヤ。「パパイヤ」と聞くと果物なのでは?と疑問に感じてしまうものですが、実は黄色く熟す前の青パパイヤは野菜に分類されるんだとか。青パパイヤを食べることでどのような効果が期待できるのでしょうか?

青パパイヤに含まれる栄養素や期待できる美容・健康効果

青パパイヤには下記のような栄養素が含まれています。

【青パパイヤに含まれる栄養素】
<パパイン酵素>
パパイン酵素には三大栄養素と呼ばれている「たんぱく質」・「脂質」・「糖質」を分解する全ての消化酵素が含まれています。パパイン酵素を摂取することで消化がスムーズに促進されるほか、栄養素が余分な脂肪になりにくくなるためダイエット効果が期待できるんだとか。

<ビタミンC>
青パパイヤにはレモン以上にビタミンCが多く含まれているそう。ビタミンCはコラーゲンの合成をサポートする働きがあるほか、優れた抗酸化力を持っています。

<ポリフェノール>
活性酸素を除去する働きがあるポリフェノールが豊富に含まれており、しわ・たるみといった肌トラブルを改善する効果が期待できます。

<ミネラル>
骨や歯の健康維持に欠かせないカルシウム・マグネシウムのほか、むくみを防ぐ働きがあるカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

青パパイヤを使ったおすすめの美容レシピ〜ベトナム風!青パパイヤのエスニックサラダ〜

ラオスやタイの東北地方で食べられている青パパイヤを使った栄養満点のサラダ、「ソムタム」の作り方をご紹介致します。

【ソムタムの作り方】
<材料>
・青パパイヤ 300g
・干しエビ 大さじ2
・ミニトマト 5個
・インゲン 5本
・おろしニンニク 1片分
・鷹の爪 1本分
・ピーナッツ 20g
・サニーレタス 1〜2枚

<合わせ調味料>
・ナンプラー 大さじ2
・ライムの絞り汁 大さじ2
・ごま油 大さじ1
・はちみつ 小さじ1

<作り方>
1.ピーラーで青パパイヤの皮を剥き、縦半分にカットし種を取り除いたら細切りにして水に10分程さらしましょう。
2.さやいんげんはヘタと筋を取り除き、塩を入れたお湯でさっと1分程茹でます。お湯を切り、1cm程の長さに切ります。
3.ミニトマトはヘタを取り除き半分に切ります。
4.ピーナッツはビニール袋に入れ、めん棒で粗めに叩いておきます。
5.鷹の爪は種を取り除き、みじん切りにします。
6.ボウルに1〜5の具材と干しエビ・おろしニンニク・合わせ調味料を全て混ぜ合わせます。
7.適当な大きさにちぎったサニーレタスを器に敷き、その上から6のソムタムを盛り付けて完成です。

いかがでしたか?青パパイヤ(主に沖縄産のもの)は通販サイト等から手に入れることができますのでインナーケアにご興味がある方は是非一度試してみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www..com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事