日焼け止めと化粧下地はセットで使うべき?シミを防ぐベースメイク

日焼け止めと化粧下地はセットで使うべき?シミを防ぐベースメイク

これからの季節、だんだんと紫外線の量が増えていくため将来シミができないように紫外線対策に力を入れ始める方が多いのではないでしょうか?しかし、日焼け止めと化粧下地、どちらを使うべきか、両方使うべきか悩んでしまいますよね…。

これから気になる紫外線、化粧下地と日焼け止めはどう使うべき?

春になると紫外線が気になり出して、日焼け止めを塗って紫外線対策をする方が増えてくるはず。でもベースメイクをするにあたり、日焼け止めと化粧下地のどちらを使うか、もしくは両方使ったほうがいいのか気になりませんか?この記事では、そんな疑問にお答えしていきます!

化粧下地と日焼け止めはなるべく併用するのがおすすめ

肌をフラットに整えつつ、くすみをカバーしたりファンデーションのノリを良くする働きのある化粧下地は、日焼け止め効果があるものがほとんど。しかし、パッケージに記載されている1回分の使用量はかなり少なめであることが多いため、化粧下地に日焼け止め効果が備わっていても、少量しか使わないと完全に紫外線を防ぐことは難しいと言われています。

一方で日焼け止めは、紫外線から肌を守ることを一番に考えて作られているため、しっかりと紫外線対策をするなら日焼け止めと化粧下地を併用するといいでしょう。

今は日焼け止めでも化粧下地としても使えるものが多いため、時短メイクをしたい方は化粧下地代わりにもなる日焼け止めを選ぶとベースメイクがかなり楽になりますよ。

肌を綺麗に見せつつ、紫外線対策を確実にしたいという方は、日焼け止めと化粧下地を一緒に使うのがポイントです。

日焼け止めと化粧下地を併用するときに気になるのがつける順番ですよね。基本的に日焼け止め→化粧下地の順に塗るといいと言われています。化粧下地を塗ったあとに日焼け止めを塗ると、ファンデーションと肌を密着させる化粧下地の働きが半減してしまいます。化粧下地と日焼け止めの塗る手順を間違えるとベースメイクのヨレや崩れが気になる場合があるので気をつけてくださいね。

付け方は洗顔後、化粧水と乳液できちんと保湿ケアをしたら、規定量の日焼け止めを顔全体にムラなく伸ばします。1〜2分ほど放置して浮いてきた油分をティッシュオフしたら、化粧下地を塗って綺麗なスポンジで均一にならしていきましょう。そのあとはファンデーションやルースパウダーを薄く乗せればベースメイクの完成です。

化粧下地と日焼け止めをWで使って紫外線をシャットダウン

化粧下地と日焼け止めの上にファンデーションやルースパウダーを重ねると肌に負担がかかりそうという方は、ウォータープルーフで密着度が高く落ちにくい日焼け止めよりも、石鹸でオフできたり、塗り心地が軽くて快適な日焼け止めを選ぶといいでしょう。これからの季節、日焼け止めと化粧下地を使って気になる紫外線を確実にカットしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www..com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事