爪だって日焼けする!? 意外と知られていない「爪の紫外線対策」

爪だって日焼けする!? 意外と知られていない「爪の紫外線対策」

日焼け止めでUV対策は万全!と安心していませんか?実は紫外線でダメージを受けているのはお肌だけではないのです。お肌以外にも、様々な体のパーツが紫外線からのダメージ受けています。なかでも、うっかり忘れがちな爪の紫外線対策についてご紹介します。

あまり知られていない!? 爪の日焼けとは

爪も顔や体と同じく紫外線の影響を受けています。爪は皮膚が板状に変化した組織で、髪と同じように死んだ細胞なので、直接日焼けをするということはありません。しかし、爪の下や爪の周囲を造る組織が影響を受けます。紫外線にさらされると乾燥を引き起こし、硬くなったり、爪が割れやすくなったり、爪の縦シワが増えたりするなどトラブルを引き起こしやすくなり老化の原因にもなると言われています。そのためきちんとしたケアをしないと乾燥し、爪の縦シワが増えたりする原因にもなります。

また、手や足の爪に塗ったマニキュア。マニキュアも紫外線により日焼けを起こしてしまうので要注意です。うっかり塗ったまま放置していると、色素沈着を起こしてしまいます。一度、黄色や茶色に変色してしまうと、爪が伸びるのを待つしかありません。そうならないためにはベースコートをしっかり塗り、トップコートにはUVカット効果があるものを使用することが大切です。特に足のマニキュアはなかなか剥がれないからといって、1か月近く塗りっぱなしにしてしまうと、色素沈着してしまったなんてこともありえるので気を付けましょう。

爪のトラブル予防にも!今日からできる爪の紫外線対策とケア

それでは、今日からできる爪の紫外線対策とケアについてご紹介します。

<爪のUVケア>
いつも使っている日焼け止めで大丈夫なので爪にも塗りましょう。外出時にUVカット手袋をはめて、より紫外線をガードしつつ乾いた空気からも保護するとより効果が期待できます。UVケアだけではなく、保湿もしっかり行いましょう。爪のまわりの皮膚が硬くなっていませんか?硬くなっているのは紫外線の影響を受けている証拠ですので、角質ケアと保湿をしっかり行いましょう。保湿というとハンドクリームをイメージするかもしれませんが、ハンドクリームをつける前にネイルオイルを使うのがおすすめです。まずは、指を上に向けて爪にネイルオイルを1滴たらし、数秒待ちます。オイルが爪の脇まで垂れてきたら、すりこみませなじませます。次にやすりにオイルを1滴たらしてなじませたら、硬くなった爪のまわりをこすって角質をやわらげます。仕上げにハンドクリームを適量つけてマッサージします。

<ジェルネイルのUVランプ>
主要メーカーのジェルネイルはUVカット成分が含まれているものが多いようです。気になる方はUVカット商品を使用しているか店員さんに確認してみると良いでしょう。ジェルネイルを固めるために使用するUVライトは、当てる時間は2、3分程度と短いですが日焼けする可能性はゼロとは言えません。ライトは爪だけでなく手全体に照射されるので、気になる方は手にも日焼け止めを塗って紫外線対策を施しましょう。施術後の保湿ケアも忘れずに。最近ではUVランプよりもLEDランプを使用している所が増えてきているそうです。

いかがでしたか?うっかりケアを忘れてしまいがちな手先。年齢が出やすいパーツだからこそきちんとケアしたいですね。また、どんなに保湿やUVケアを頑張っても、不摂生が続くと爪にも影響し、割れやすくなったり、欠けたりトラブルの原因になります。規則正しい生活を送り、バランスのよい食事をとって内面からケアするとともに、保湿とUVケアをしっかり行い、外面からも爪を守るようにしましょう。

 Profile
<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/


関連記事