不倫の代償!知っておきたい慰謝料請求対応マニュアル

不倫の代償!知っておきたい慰謝料請求対応マニュアル

不倫の結末は慰謝料請求されるという最悪の事態も予想されます。
不倫相手の配偶者(妻・夫)からの慰謝料請求に後悔しても後戻りは出来ません。
相手の配偶者から電話や手紙で不倫の事実を確認される事も衝撃ですが、内容証明郵便という手段で慰謝料請求される事もあります。
はじめて内容証明郵便を受けとり冷静でいられる人は少ないと思います。
実際にそういった立場になった時に、不倫相手の配偶者に対しての対処法や慰謝料の金額を判断できる知識を持っておく事で慌てず落ち着いて対応できます。
不倫が原因での慰謝料請求は正当なものですのですので逃げる事はできませんが、必要以上の労力を避けるヒントをまとめていきます。

1.不倫相手の配偶者から接触があった場合には

shutterstock_152196302

不倫相手の配偶者から電話や手紙が突然くるような事態になった場合に落ち着いた対応をとる必要があります。
お互いに感情的なやりとりになる事柄だけに冷静になれる距離感や時間を持つ姿勢が大切です。まず、相手方が何を持って不倫と決めて慰謝料請求をしているのか知る必要があります。一方的な思いこみがあり事実と異なるような場合は慰謝料の支払いを回避する交渉を考えなければいけません。不倫の事実が確実にある場合には慰謝料の支払いは避けられず減額や正当な金額を決める交渉になります。

2.慰謝料請求が認められる条件とは

罪
浮気の定義

慰謝料を請求する内容証明郵便が送らてきてもすぐに支払い義務が発生するわけではあしません。慰謝料請求が認められるのは不倫を証明する法律上必要な条件が揃った時です。
慰謝料を支払う義務が発生する条件を挙げると

・不貞行為の証拠(肉体関係の存在)

基本的には不貞行為の証拠が必要ですが、その他の事情を考慮し慰謝料請求を認めた裁判例も出ています。

・既婚者だと認識して不倫をしている。

これらの証拠や事実が無いと慰謝料請求は認められません。不倫相手の配偶者との交渉の際は書面の記載等をしっかり確認し進めていきます。
慰謝料請求での重要なポイントですので、間違った情報はしっかり否定し正確な内容を主張しましょう。

3.慰謝料支払い義務を回避するには?証拠の重み

道しるべ

相手が既婚者だと認識していながら肉体関係を持ってしまった結果、慰謝料請求された。このような場合でも証拠が必要です。不倫相手の配偶者が憶測で慰謝料請求をしている様であれば証拠の提出を要求しましょう。
不倫が原因での慰謝料請求に必要な証拠を挙げます。

(1)不貞行為の証拠(肉体関係の存在)

慰謝料請求をする際、不倫の証拠としてまずあげられるものが不貞行為の証明です。不貞行為の証拠といっても、密室空間での肉体関係を盗撮するという不法なものではありません。間接的な証拠や不貞行為が確実に予想できる証拠になります。
・ラブホテルの出入りを撮った写真もしくは動画(男女の顔や行動からはっきり本人が特定できるもの)
ビジネスホテルやシティホテル等では「バーで飲んでいた」「打ち合わせをしていた」等の言い逃れのできない内容が必要になります。
・自宅やマンションに不倫相手が長期滞在した出入した写真もしくは動画(愛人宅や不倫相手の自宅だとわかるもの)
不倫相手と理由もなく二人で泊まりがけで出かけて同室で就寝した証拠。具体的には出かけた時の写真、ホテルの領収書
・不倫関係にある男女が同室で宿泊した証拠(男女のフルネームが入ったホテルの明細・領収書や当時の写真など)
明らかに肉体関係があることを推測できる文章や画像があった場合。具体的にはLINEやメール、手紙など
・肉体関係が有る事か確実に証明できる文章や画像(携帯電話に画像が残っている等)
・慰謝料請求された側が不倫の事実を認め書面化したもの
不倫の事実を認める書面の作成は充分な根拠になるので、極力作らない事をお勧めします。

(2)既婚者だと認知して不倫していた

不倫相手の配偶者が慰謝料請求するには、パートナー(妻・夫)の浮気相手が自分のパートナーが既婚者である事を認識していたと証明する必要があります。

・パートナーとの結婚式に浮気相手が出席していた事実
・パートナーと浮気相手が同じ勤務先等で、パートナーの既婚が周知だった場合(左手の薬指に指輪をはめていた等も)
・メール・LINE等で明らかに既婚者である事を認識しているやりとりの画像と裏付ける行動記録

4.不倫相手の配偶者から慰謝料請求がきてしまった。やり取りはどうする?

取材

(1)書面でのやり取りを基本に進める

不倫が原因での慰謝料請求でポイントになるのは証拠の有無です。不倫相手の配偶者から電話やメールがきても書面でやり取りする基本姿勢を通して下さい。直接合うのも感情的な口論になりかねません。請求された側もしっかり書面でやりとりし、言った言わないといったトラブルを避けて対応しましょう。

(2)書面でやり取りする際に注意する点

書面でやりとりする以上は記録として裁判等でも効力がでてきます。不貞関係(肉体関係)を認める記述や既婚の事実を知っていたと認めた状態で交渉するのは不利です。少しでも有利に交渉を進めるにはそういった内容を書かない方がよいでしょう。

5.内容証明郵便が送られてきた!?知っておきたい内容証明郵便の意味

(1)内容証明郵便について

内容証明郵便が利用されるのは、不倫の慰謝料請求の場合だけでは有りません。不倫の問題をかかえている人は内容証明郵便に関わる可能性がありますので知っていて損はありません。内容証明郵便は法律上、通常の書面による請求と変わらないので焦る必要はありません。郵便局が内容を証明してくれるので弁護士が金銭等の請求によく使いますが、内容証明書事態は強制力はありません。

(2)内容証明郵便の形式について

内容証明郵便の形式は縦・横の文字数などが決まっています。
一般的に、1枚520字以内で、
縦書き 1行20字以内、1枚26行以内
横書き 1行20字以内、1枚26行以内
で作成されます。
この形式に従い書面を3通作成し(相手に送る用、郵便局が保管する用、送り主用)郵便局に持参しましょう。

(3)内容証明郵便の費用について

約2000円で内容証明郵便は送る事が出来ます。

6.不倫の証拠を撮られている!慰謝料請求減額は可能か?

浮気調査

 

不倫相手の配偶者が確実な浮気の証拠をもっている場合、慰謝料に支払いは免れないでしょう。ただし、請求された慰謝料の額が法外な額や自分の支払い能力では実行できない場合は減額交渉になります。減額交渉では慰謝料の相場等の知識を知っておく事が重要です。

(1)不倫慰謝料の相場を知っておく

一般的な不倫が原因の慰謝料の相場は約200万円です。この場合の平均額はあくまでも平均で、不倫の慰謝料は状況・状態で大きく変わり100~500万円まで幅があります。

(2)事情により異なる慰謝料の額

慰謝料の額に影響する事情は請求される側、請求する側の双方にあります。

①慰謝料請求される側の事情

・どれくらい交際期間があったか?

長期の不倫になると慰謝料の額が上がるリスクがあります。

・妊娠の有無

不倫相手が妊娠した、不倫相手の子を妊娠しているケースも慰謝料に影響します。

・不倫に至った経緯

既婚の事実を認識していたのか等の項目です。

・資産や収入

慰謝料を決めるうえで重要な要素ですので、判断基準になります。

・職業

収入等の要素もありますが、不倫相手との関係をみえてきます。社会的地位の高い人だと慰謝料の額に影響がでます。

②請求する側(不倫相手の配偶者側の事情)

・どれくらい婚姻期間があるのか?

婚姻期間が長いケースで慰謝料の額が上がる傾向があります。

・精神的苦痛(自殺未遂、ノイローゼ)等の事情がある場合

精神的苦痛の状況は人それぞれですが、不倫が原因で重度な症状となると請求額にも反映されます。

・資産や収入

不倫により収入源が無くなったり、資産が減っている等は請求額を決める理由の根底にあります。

・年齢

不倫相手の配偶者の年齢が高くなるほど支払う金額が変わってきます。

・離婚の原因

不倫が離婚の原因という事になれば、請求額は大きく影響します。

7.弁護士に依頼する事でのメリット・デメリット!不倫慰謝請求の処理

証拠

 

(1)メリット

①適正な慰謝料の額を把握できる。

不倫をしてしまい、不倫相手の配偶者に事実を知られてしまった状況では慰謝料を請求されても仕方ありません。ですが、相手方が請求している慰謝料の額が正当なのかは判断がつきませんし、500万円という高額な請求がきたとしても対応は困難です。弁護士に相談に行く事になりますが、離婚問題に詳しい弁護士を探して相談に行くという事が重要です。自分が不利にならぬよう相場や交渉を熟知している先生だと心配事も軽減します。

②信頼できる弁護士に任せる

自分が原因で不倫問題がおこってしまい、慰謝料請求までされてしまった。不倫は日常の生活の流れで発生しているものですので、急な慰謝料請求に対応できる人はほとんどいません。誰もがそんな状況に自分がおかれるとは想像していないと思います。仕事や家事に追われ慰謝料の交渉をする事は知識や経験が無いと困難です。出来る事は弁護士をしっかり選び、自分の状態をしっかり伝える事です。先方も弁護士を通しての請求をされている場合は法律のプロ同士の交渉になります。信頼できる弁護士を探す事にエネルギーを注ぐ事が優先です。

(2)デメリット

弁護士に依頼する際は弁護士費用が発生してしまいます。慰謝料の請求額によっては相談料の範囲内で情報収集する事にもなるかと思います。各法律事務所で相談料は違いますが、相場は30分5000円程度だと思います。法律事務所により、離婚問題を多く解決しているや初回相談無料等ありますので利用の基準になります。着手金や減額報酬などの費用がでてきますので充分に理解して進める必要があります。

まとめ

今回は不倫慰謝料請求されてしまった場合の対処方法について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?不倫はしてはいけませんが、もし不倫してしまったために慰謝料請求をされている状況にあるような場合にはご参考頂ければ嬉しいです。
不倫が原因での慰謝料請求について書いていますが、慰謝料請求する側もされる側も大変苦しい状況にあると考えています。不倫という事実が有った以上は解決しないといけない事柄だと思います。



不倫の代償!知っておきたい慰謝料請求対応マニュアル