弁護士で離婚問題を解決する!強い弁護士とは?

弁護士で離婚問題を解決する!強い弁護士とは?

探偵社に調査を依頼される方の中には離婚問題から調査終了後に弁護士への相談・依頼を検討される方が多くいらっしゃいます。離婚の問題を抱え悩んでいる方にとって担当してくれる弁護士さんがどういったタイプなのかは何よりの関心事だと思います。有能で強い弁護士あって欲しいのはもちろんですが、財産分与や親権など複雑になりがちな離婚問題を丁寧に解説してくれる親身な対応も弁護士を選ぶ際のポイントになるのではないでしょうか?離婚事件とも言われる部分の法的な解釈も含め整理しています。

1.離婚問題を弁護士に相談するタイミングは?

証拠

弁護士に相談に行くにはどういった理由が有るのか?相談に行くタイミングでその後の方針も変わってきます。相談内容で多いものを例にあげます。

・パートナーに離婚を切り出されが、自分に離婚の意思は無い
・パートナーとの離婚をしたいが同意してくれない
・パートナーに浮気・不倫があったので、パートナーまたは浮気相手に慰謝料請求したい
・離婚事態は夫婦双方に同意があるが、財産分与や養育費の問題が解決していない
・離婚しても子供と会える事を希望している
・親権を希望している
・離婚後の養育費を請求したい

等です。

2.離婚問題での弁護士の役割とは?

カウンセラー
弁護士に相談や依頼する段階で自身の離婚問題を解決する手段を考えていく必要があります。弁護士は離婚問題のプロとしてそれぞれのケースに合わせた手続き等を代行してくれます。

(1)話し合い・交渉

離婚を決意した時にパートナーと婚姻関係を納得いく形で終わらせるのは簡単な事ではありません。感情的になり話し合いが不可能になるケースもあり、具体的な離婚についての交渉がまとまらず調停や裁判になる事例も多くみます。全てのケースに当てはまる解決方法とは言い切れませんが、弁護士に交渉や合意書の作成を依頼する事も早期の離婚には効果があります。

(2)調停

スムーズに離婚の合意が出来ない時に弁護士の力をかり話し合い・交渉を進める事も有効な手段です。調停に進むには家庭裁判所での手続きが必要になり、申立書の作成提出といった作業から弁護士に依頼する事で調停も円滑に運びます。例えば、浮気が原因の離婚調停にしても証拠や主張を書面にして提出する事が必要ですので有利に話し合いを進めるのは素人には困難です。調停中は月に1回程度平日に出廷する事になるので、弁護士に代理で出廷してもらう事も可能です。調停でのやりとりは後々、裁判に発展してしまった時に重視されるので簡単に対処せず弁護士としっかり対応していくべき場面です。弁護士に調停の処理を依頼する事は離婚問題を解決する為の重要なポイントです。

(3)裁判

自身の意思や対応で離婚成立が不可能になった場合に裁判(離婚提訴)という事態になります。調停で話し合い・交渉が上手くいかなかった訳なので、これまで以上に法律的な争いになり弁護士に任せる必要性があります。離婚を認めるか否かは裁判官の判断になるので、浮気が原因である場合では不貞行為の証拠(不倫相手との肉体関係)等、法律的に確実な証拠を揃えて提出します。訴状や準備書面の作成から出廷時の対応などまで、しっかり弁護士と連携して進めていく必要があります。

3.離婚問題で弁護士に依頼する理由は?

悩み

離婚問題の解決例に必ず弁護士が登場する訳ではありません。離婚問題の処理で弁護士に依頼する理由について考えていきます。

(1)弁護士に全て任せる

離婚事件として離婚問題の解決を総括して弁護士に依頼する事で様々な負担から解放されます。必要書類の作成や手続き、面倒な交渉等を代行してもらう事で時間的にも精神的にも余裕をもって離婚問題に立ち向かえます。

(2)弁護士から法的知識や進行方法のアドバイスをうける

過去に離婚調停や裁判を経験したり、専門的な法律の知識を学んだ人は少ないと思います。離婚に関わる手続き等を弁護士に代行してもら事で自分に必要な知識や判例をしり問題解決の糸口を掴む事ができます。訴訟(裁判)は、相互に証拠に基づき法的な主張を尽くし、それに基づいて裁判官が判断を下す手続きですので後戻りの出来ない判断が必要になります。弁護士とのやりとりは今後の人生にも大きく影響してきます。

(3)離婚する意思表示を確認する

離婚に向けて動きだした段階で、すぐに弁護士に依頼する方はそんなに多くはいません。調停や裁判に発展していく中で離婚事件として離婚の意思表示が明確になっていきます。

4.離婚問題で弁護士に依頼した際の必要知識

ポイント

弁護士に依頼すると決断した際に知っておかなければいけない点は費用の把握です。せっかく有利な離婚や慰謝料の確定ができたとしても経済的な矛盾で後悔しては意味がありません。弁護士も充分な準備をして離婚事件にのぞみますが、依頼者としても基礎知識をもっていた方がよいでしょう。法律事務所により様々な方針がありますが、着手金20~50万円+事件終了後の報酬20~50万円+その他諸経費を想定しておけば心配も減るかと思います。

5.離婚問題に強い弁護士とは?

慰謝料請求額

弁護士に関わらず専門職では特化して深い知識や豊富な経験が必要になると思います。特に後戻りの出来ない離婚問題では真剣に弁護士を選ぶ事も重要です。

(1)離婚問題に深い知識があるか?

弁護士を選ぶ基準は様々ですが、探偵社では浮気調査を依頼された方に弁護士を紹介するアフターサービスも行っています。慰謝料請求に強い事は勿論ですが、親権・養育費等の離婚に関わる知識をもった弁護士と連携して離婚問題に対応しています。

(2)離婚事件に豊富な経験があるか?

場数をふんだ弁護士というのは心強い存在です。離婚問題が夫婦間の話し合いで解決できない状況になった時、経験豊富な弁護士がついていればアドバイザーとして問題点を整理してくれるでしょう。
言い換えれば、離婚事件の処理件数の多い弁護士という事になり、交渉から調停への移行時期等を的確に判断し解決にかかる時間を短縮できた例もあります。知識が豊富である事とともに、経験豊富な弁護士に出会えると効率的な事件処理が期待できます。

6.離婚に強い弁護士出会えるか?

お願いする男性

弁護士を探す方法は人により正解が変わってきます。離婚問題に精通している弁護士と出会うパターンを書いていきます。

(1)親族や知人等からの紹介

親族や知人といった身近な人から弁護士を紹介してもらう事もあると思います。以前に離婚経験をもった事のある方からの紹介等も心強いものです。また、親身になって弁護士探しに協力してくれる人の存在も離婚問題を抱える方には支えになるようです。

(2)インターネットから法律事務所を探す

現在情報の収集源はやはりインターネットから取得になります。法律事務所のサイトでは広告は勿論ですが、離婚の流れを書いた記事や相談例等を積極的に掲載しているものも多数あり離婚事件の処理件数を想像できます。大手といわれるような法律事務所のホームページ等を見る事で法律事務所がどういった形態でサービスしているかみえてきます。また、弁護士個人を紹介するサイトもあり合わせて見るのも良いでしょう。強い弁護士がどういった法律事務所に所属しているのか色々な角度から調べるのもポイントになります。

(3)弁護士を直接訪問する

探偵事務所でもそうですが、立地や事務所の構え等で直接相談に来られるケースがあります。職場の近くでアクセスが良く、しっかりした事務所であった為に相談に来たという理由も強い弁護士を探すうえでおかしくない行動です。パソコンや携帯電話の履歴をパートナーが頻繁にチェックするや、行動対して束縛が多く自由の無い環境では出来る範囲の中で弁護士を選び決める事が要求されます。

(4)新聞や本・雑誌などから弁護士を知る

弁護士の中には様々な媒体で離婚問題を執筆している方もいます。テレビ等のコメンテーターにでている弁護士に依頼をするのは現実的ではないですが、書籍類で自分の理想に近い内容を書いている弁護士をチェックする事で現実的な形になった事例もあります。

7.離婚事件をきれいに終わらせるポイント!弁護士との信頼関係!

企業

(1)弁護士との信頼関係で離婚問解決の過程は変わる

きつい言い方をすると自分自身で離婚問題を解決できずに弁護士に相談・依頼したわけです。離婚事件を受け持つ弁護士は数多くの依頼者と接していますから、依頼者の不安や心配事なども理解し感情の整理から物理的な手続きまでトータルでサポートしてくれます。ですが、自分の勝手で弁護士の業務を遅延さしたり、虚偽の内容を話し弁護士を利用するような事が重なると最悪の事態は見捨てられます。やはり依頼する側も真摯な態度で接して信頼・信用を得る努力が必要です。

(2)信用・信頼をえるには

①相性

弁護士も法律の専門家として相談を受けていますが、人間ですので相談者の人となりをみています。むしろよく観察しています。信頼関係は簡単につくれるものではありません。面談してくれた弁護士が横柄な態度であったり、挙動不審だ相談者も信用できません。人間同士の会話・やりとりですので違和感を感じない相性の良い弁護士に依頼すり事をお勧めします。

②積極的に相談・質問する

全ての弁護士が相談者に対して付きっきりで離婚事件を進めるわけではありません。自分の主張や現状を依頼した弁護士が理解してくれているのか不安になる事もあるかもしれません。弁護士も出来るだけ多くの情報を必要として仕事しています。信用して依頼するには、積極的に手続き内容等を質問し方針等を相談する事が重要です。

③駆け引き無しで全て伝える

いくら離婚事件に強い弁護士に巡り合っても依頼者との関係が不良だと、有利に進むはずのものも残念な結果に終わってしまいます。弁護士は法律のプロですから聞いた情報が法的に有利か等含めて方針を立てていきます。これを言ったら不利になるんではないだろうか?と弁護士に伝えなかった事で回避できた慰謝料請求が認められる事も考えられます。依頼者にとっても弁護士にとっても最悪の結末です。自分の情報ほ全て伝えれるかは信頼できる弁護士をみつけられるかにかかっています。

まとめ

今回は離婚問題に強い弁護士と出会う方法についてご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。
強い弁護士という表現は離婚問題を抱える方には魅力的な言葉だと思います。弁護士に依頼して離婚事件に立ち向かっていくには弁護士の実力もそうですが、依頼する側の準備や努力が大切な要素になります。離婚は法的なルールにのっとて進めなければいけない事柄だけに



弁護士で離婚問題を解決する!強い弁護士とは?