浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

パートナーの浮気を疑った際において、数年前であれば探偵社や興信所に依頼するというのが一般的でした。しかし近年ではインターネット上から得られる情報により、調査する方法などを一般の方が知る機会が多くなった為に、自分で浮気調査をするという選択肢が生まれるようになりました。

ただその結果、いきなり素人が調査を行うことになるので当然バレてしまうことがあります。技術もなく顔見知りが調査を行う為に一目見られたらバレてしまいますので、ほとんどのケースでバレてしまっているという結果となっています。

そもそも、自分で浮気調査を行いバレてしまった場合において、どのような問題が発生するでしょうか?そして万が一バレてしまったら、どのように対処していくことが良いのでしょうか?

今回は、浮気調査がバレてしまうことにより起こりうる問題点と、バレた場合の対処方法について探偵が詳しく解説していきたいと思いますので、これから自分で浮気調査をしようかな?と思っている方は必ず参考にしてください。

1.そもそも浮気調査は自分で行うことは可能なのか?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

(1)自分で浮気調査を行うのはやめておいた方が良い

一般の方からプロの探偵が「パートナーの浮気を証明するために自分で証拠を撮ることは可能か?」と問われた場合「とても難しいのでやめた方が良い」と回答となります。

その理由の一番はバレる可能性が非常に高い上、有効な証拠を撮る技術も道具も無いからです。

プロの探偵でさえ、不貞の証拠を撮ることは至難の技です。中には簡単に取得出来る時もありますが、ほとんどは様々なトラブルを回避しながら確実な証拠を撮ることになります。又、バレてしまった際のことを考えると、そんなリスキーなことをすべきではないと考えています。

しかもパートナーの浮気を目の当たりにすることは、想像以上のストレスを伴います。せっかく修復しようと思っていたとしても、目に焼きついた映像がフラッシュバックしたりして感情的な行動をしてしまうことにもあります。

(2)調査内容によっては自分で行うことも検討

但し、尾行や張り込みが伴わないような証拠集めであればやってみても良いでしょう。携帯を覗くことが出来るのであればその中身を確認したり、車にレンタルしGPSを取り付けて行動を見たりする範囲であれば大丈夫だと思います。

2.浮気調査がバレてしまった場合、どのような問題があるのか?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

(1)夫婦関係の修復が目的だった場合には難しくなってしまう

浮気調査を実施する目的は人それぞれではあるものの、ほとんどの方がパートナーの浮気の事実を確認し、それを証明して現在の状況を変えることです。具体的には愛人と別れさせ、夫婦関係を修復することです。

誤解されていることが多いですが、多くの方にとっては夫婦関係の修復(やり直し)を目的として浮気調査を実施し、愛人と別れさせ、2度と再発しないように努め、夫婦関係を再度構築したいと思い実施されます。

だからこそですが、浮気調査を実施していることがバレてしまった場合には、夫婦関係は最悪の状況となり、離婚に向けて一直線になってしまうのです。

(2)有利な離婚を目的としていた場合には一転不利になることも

また逆に、有利な離婚をしたいと思っている場合において調査がバレてしまったら、そこから証拠を撮ることは至難の技となる上、逆に立場が不利になってしまうことになります。悪いことをしているのは相手であるにもかかわらず、詮索して調査を入れているということに逆ギレし、あなたを非難することになるのです。

これこそが自分で浮気調査を行うリスクであり、本来の浮気調査を行う目的を大きく脱線してしまうことになるのです。

3.浮気調査がバレる場面で多いものはどんなもの?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

(1)尾行や張り込みで発覚する(バレる)

これまで自分で浮気調査を実施してバレてしまった、という事例は数多くあります。1番多いのは、自分で尾行や張り込みしていることが相手にバレてしまったという場面です。レンタカーを借りて車で尾行しているのであればまだバレずらいですが、徒歩尾行や職場を張り込んでいて姿を見られてバレるということが多いです。

(2)身内の姿形は遠くでも瞬時に判別可能である

思い出して欲しいのですが、自分の子供の運動会に行った際、数多くいる子供の中でも自分の子供はすぐに見分けがつくものです。それくらい家族というのは一瞬で判別出来るため、どれだけ変装しようともバレます。又、調査を体験したら分かりますが、尾行中に平然を装うことはとても難しく挙動不振になります。対象者の行動ひとつひとつに対して過剰に反応してしまうことになります。その上で裁判にも使えるだけの証拠映像を撮ることは至難の技と言えます。

探偵社に依頼する理由は有効な証拠を撮ってもらうことではありますが、それと同時にパートナーが知らない第三者に尾行張り込みしてもらうという面もあるのです。

4.浮気調査がバレた際の対処方法とは?

(1)尾行や張り込みしていてバレた場合

尾行していたり張り込みしている時にバレてしまい問い詰められた場合に注意すべき点としては「本当にたまたま見かけて気になってついてきただけである」ということを強調するということです。計画的に尾行や張り込みを実施していた訳ではなく、あくまで見かけたからつい気になってついてきてしまったことを繰り返し強調し、絶対に勘付いていることを認めてはいけません。

又、それまでに収集している情報があったとしても、絶対に隠しておき知らないふりをしておきましょう。中途半端な情報で問い詰めたり、話し合いになったとしても相手が認める可能性はとても低いです。

調査していることがバレたとしても、パートナーの浮気が無くなる訳では無くより巧妙になっていくだけなので、再度調査をする必要が必ず出てきます。しばらく時間が経過してから再度調査を行うことになります。

(2)や所有品をチェックしていることがバレた場合

この場合、パートナーは自分が疑われているということを理解し、より巧妙になっていくことになります。例えば携帯を暗証番号の設定から指紋認証設定にしたり、お風呂場まで携帯を持っていったりすることになります。

その他だと、勤務シフトを教えなくなったり休日を伝えなくなったりするケースもあります。

又、妻の携帯や所有品をチェックしているのがバレてしまうと、なかなか面倒になります。女性は男性に比べ身の回りに対する警戒心が強く、パートナーに浮気を勘付かれていると思った時点で、有効な証拠は出てきづらくなります。その為、一旦バレてしまったのであれば一旦探るのはやめ、相手の警戒心が少なくなるのを待つ必要があります。

5.自分で浮気調査を実施することは違法なのか?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

探偵業に関する法律である「探偵業法※」には、「他人の依頼を受けて」「特定の人物」の調査を「聞き込み、尾行、張り込み」などの方法による調査によって情報収集し、その結果を依頼者に報告する業務と定義されています。

その為、自分のパートナーを自分自身で調査をすることに違法性はありません。但し、調査を行っていく上で、知らないうちに関係法令に抵触してしまっている、というケースはあります。

例えば、張り込みを行っている際に、張り込み場所が他人の敷地内で、知らないうちに不法侵入をしてしまっている、などです。尾行する場合にも、刑法や条例など知っておくべきことがあります。

※探偵業法 第2条

探偵業務とは他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務

6.バレないように自分で浮気調査をするには?

浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?

(1)自分で調査する範囲を決めて実施する

自分で行う浮気調査がバレないようにするには、バレにくいことだけを実施するしかありません。これまで述べたように、自分で尾行したり張り込みしたりすることは非常にバレやすい為やめておき、バレにくいことだけをまずはやってみるというのが良いでしょう。

具体的には

  • GPSを車に取り付けしばらく監視する
  • 携帯電話の中身を覗く
  • 日記、手帳などを覗き見る

などにとどめておきましょう。あくまで自分で実施する場合には浮気の手がかりだけでも掴めればOKというくらいで実施し、確証が得られた時点で探偵社に依頼することをお勧めいたします。

又、自分で行動するのでは無く、パートナーと面識のない知人・友人に頼んだ方が良いでしょう。

(2)ある程度情報がある場合には探偵社に依頼してしまう

自分で出来る限り情報が収集出来たのであれば、いっそのこと探偵社に依頼してしまった方が良いでしょう。

その場合のメリットとしては

  • 確実な証拠が撮れる
  • ピンポイントの調査であれば安く依頼出来る
  • バレない上、相談相手にもなるので安心して解決まで導いてもらえる

といった点があります。ある程度の情報がある(例:浮気相手を知っている・会う日が分かる)という状態なのであれば、探偵社に依頼した方が得策でしょう。

まとめ

どうしてもパートーナーの浮気の可能性を感じてしまうと自分で調べてしまいたい、という気持ちになってしまうものです。しかし、浮気調査を行う目的は「浮気をやめさせること」であったり「離婚の為の有利な証拠を持つこと」だと思います。

バレてしまうことで、目的を果たすことが出来なくなるどころか、逆に不利な立場になりかねません。

自分で浮気調査をしてバレてしまい「最初から探偵社に依頼しておけば料金も安く確実な証拠が撮れていたのに・・・」というケースは数多くあります。浮気の確証がある場合には、自分で動くのではなくまず探偵社に相談してみてください。




浮気調査は自分でやるとバレる?調査がバレた事例とその場合の対処法とは?