探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

パートナーが浮気していることがわかり不貞の証拠が取れたものの、その浮気相手の名前(漢字でフルネーム)がわからない場合、慰謝料請求ができません。

特によくあるのが、浮気調査で尾行し住所までは分かったが、そこから名前がわからないというケースです。それ以外にも、使用している車や電話番号までだけは分かっている、というケースもあります。

こういった場合、探偵社や興信所はどのようにして浮気相手の名前調べているのかを公開したいと思います。

1.浮気相手の居住先の郵便物を調べる

ポスト住所が判明している場合には、郵便物を見て確認します。

公共機関等からの郵便であればほぼ間違いないと思われますが、化粧品等のDMなどの場合、仮名登録している可能性がありますので信ぴょう性に欠けます。一人暮らしの場合だと、出てきた郵便物の宛名がその相手の名前だと推測出来ますが、家族暮らしの場合、本人宛の郵便物かどうか分からないという点が難点です。

見に行くタイミングとして、事前に最寄りの郵便局に問い合わせし配送時間を聞いておいた方が良いです。間違いないのはだいたい15時前後です。

注意すべき点としては、そのまま持ち去ったりしてはいけません。(窃盗罪に該当。郵便受けに手を入れて物色し郵便物に触れた時点で実行の着手として未遂として罰せられます)

2.浮気相手の家の不動産登記簿(登記事項証明書)を確認する

探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

一戸建て住宅や分譲マンションに住んでいる場合には、不動産登記簿を取得し、所有者情報(甲区部分)を確認します。但し、所有者=居住者とは限らない為、その点は注意が必要です。

又、借り入れがある場合には乙区部分に抵当権情報が記載されているので、相手の経済状況を把握することも出来ます。

不動産登記簿は全国の法務局で取得出来ますが、可能な限り管轄エリア内の法務局に行った方が取りやすいです。というのも、一戸建ての場合には住所だけで取得出来ない場合や、マンションの区分所有だとマンション番号というものが必要になり、それは管轄の法務局でしか調べることが出来ません。

その上、要約書という簡易的で料金も安いものを取得することが出来ます。管轄の法務局を調べるには、法務局のホームページで確認することが出来ます。

3.浮気相手の勤務先を調べる

満員電車浮気相手を尾行し勤務先を判明させ、何かしら得られる情報がないかを調べます。

実際にあった事例としては、勤務先がデパートの店頭販売であった為、名札を見て判明することができました。

その他、タイムカードを確認したり、勤務先HP内のスタッフ紹介などに掲載されていないかを確認します。

会社の代表者やその家族の可能性がある場合には、商業登記簿を取得することで氏名が出てくる場合があります。

4.浮気相手のSNSアカウント(Facebook、LINE、ツイッター情報)から調べる

探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

浮気相手の顔や断片的な情報が分かっている場合には、パートナーのフェイスブックにある友人欄を閲覧し、その中で合致しそうな相手がいないかを調べます。下の名前や現在の居住地が分かっていたりする場合がありますので、目星をつけれることがあります。又、LINEの友達内から判明することもあります。

SNS上で発見した顔写真から、間違い無く浮気相手と判明したものの、登録しているアカウント名が本名でなかったり下の名前だけというケースもあります。

その場合、発見した顔写真を保存し、google(グーグル)の画像検索で検索してみると何かでてくることがあります。

5.浮気相手の使用車両から調べる

車浮気相手が車を使用している場合には、ナンバー情報から所有者情報を割り出します。しかし現在では、特別な理由がなければ閲覧できない為、探偵社や興信所しか調べることはできません。

弁護士に依頼されている場合には、弁護士法第23条の2※に基づき、弁護士会が、官公庁や企業などの団体に対して必要事項を調査・照会することが可能です。

※弁護士法第23条2

弁護士が依頼者の委任を受けて紛争を解決しようとするとき、事実を立証するための資料を収集することは不可欠なことからある制度です。資料は必ずしも依頼者が持っているとは限らないので、資料を有していると考えられる官公庁や企業などの団体に対して、必要事項を照会することが必要となることがあり、その職務の公共性から、情報収集のための手段が設けられているのです。

6.浮気相手の携帯電話番号から調べる

探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

探偵社、興信所に依頼することも出来ますが、ネット上で10万以下でできるところがあったとしても依頼しないほうが良いでしょう。料金を支払ったものの判明しなかったと言われたり、そのまま音沙汰がなくなるというケースが非常に多くあります。

現在では非常に難しい調査となっておりますので、安くても15万円前後の費用はかかると思っておくべきでしょう。

キャリア(携帯電話会社)ごとによっては、番号だけでなくフルネームが必要であったり、苗字か名前の漢字が必要なこともあります。

配送業社を装い、不在の連絡として電話をし、その際に氏名確認として本人より聞き出すという手法もあります。

弁護士照会によって判明できる可能性がありますが、最近では個人情報保護法により企業側が開示を拒否するケースが多くあります。

7.地図情報から浮気相手の家の情報を調べる

GPSゼンリンという地図情報に名前が載っているケースがあります。

マンションなどでも個別号室の情報が掲載されていたりもします。有料サービスですが14日間は無料で使用できますので、確認した時点ですぐに解約すれば良いでしょう。

ゼンリン住宅地図スマートフォン 

8.浮気相手宅のゴミを調べる

探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

通称「ガーボロジー」という調査方法であり、燃えるゴミの日を狙って張り込み、出されたゴミを調べます。

家族構成の他、部屋番号、氏名、年齢、電話番号、資産及び負債などの個人情報を収集することができます。

参考:ゴミの中は宝の山!?探偵が行う浮気調査方法の一つであるガーボロジーとは!?

9.実際に浮気相手の名前を判明させた事例

尾行によって愛人女性の自宅を判明させた所、一戸建て住宅で年齢的に実家であると推測された。後日朝から張り込むと、父親らしき男性と母親らしき女性の出入りが確認出来て、愛人女性含め3人家族であることが分かった。

この場合問題なのが、郵便物で確認するにしても、母親宛か本人宛かの区別がつかないという点である。

その為、まずは愛人女性の勤務先を判明させたところ保険窓口にいるスタッフであることが判明。調査員は客を装い、当該女性から名刺を貰うことで名前が判明した。

10.不貞の証拠があれば弁護士に依頼する

不貞の証拠はあるものの、名前がまだ分かっていないという状態があります。家まで判明しているものの、家族で居住しており郵便物では特定出来ないケースや、使用車両や携帯番号までは分かっている状態であれば、弁護士に依頼することで判明させることが出来ます。

弁護士は職権で、住民票の請求や車両所有者の開示、その他携帯番号からの使用者情報を通信会社へ開示請求することが認められています。

不貞の証拠がある場合には、最終的に浮気相手にも慰謝料請求することになりますので、自分で調べなくても依頼してしまうという選択もあります。

11.絶対にやってはいけない調査方法

ダメ本人やその家族になりすまし役所にて住民票を請求したい、という方がいらっしゃいますが絶対にやらないでください。

罰則として、偽りその他不正の手段により、住民票の写し等の交付を受け、戸籍の附票の写しの交付を受け、又は住民基本台帳カードの交付を受けた者は、30万円以下の罰金となります(住民票は住民基本台帳法第47条第2号、戸籍謄本等は戸籍法第133条)

まとめ

実際のところ、LINEアカウントやメールアドレスだけは分かる、といった状態で調べたいという相談が一番多くありますが、この情報だけでは残念ながら調べることはできません。

中途半端な状態で行動してしまうのではなく、警戒されないように水面下で少しづつ情報収集していくことが大切です。また、ここでは紹介することができない探偵社や興信所だけが可能な特殊な調査方法が存在しておりますので、どうしても調べたい、という方は一度当社までご相談ください。

浮気調査を頼もうとご検討中の方は、下記サイトを是非ご確認ください。

【探偵が教える】出来る限り浮気調査を安く依頼する為に知っておくべき11のポイント




探偵が実際にやっている浮気相手の名前を調べる方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です